達郎さん@NHKホール

昨日のNHKホールの達郎さんはお得感満載でした。

やっぱりライブはセットリストが同じでも毎回毎回違うもの。
しかも昨日はセットリストも多少違っていたし、東京最終日ということでコーラスにスペシャルゲストも登場したし。



ネタばれです









昨日は達郎さんが風の回廊のオープニングのカッティングギター間違えて、タイムマシン(ようはやりなおし)が登場していました。
細かいミスがないわけではないけど、演奏完璧なこのバンドでは珍しい話。そういうのも思い出になります。

アンコールでは。

ずっとHAPPY HAPPY GREETINGがアンコール一曲目だったのですが、いつの間にか、「いつか」に変わっていました。
三重ではもう「いつか」でした。

迎えたNHKホール初日。

アンコールに応えて出てきたバンドが演奏開始したのは3-2のリズム。
あれ?「いつか」じゃなくてHAPPY HAPPY GREETINGに戻すんだ、と思わせたところで、いきなり「いつか」のオープニングのベースが鳴りひびきました。
そのまま「いつか」へ。
複数回来ている人も多いし、ちょっとフェイクかけたんでしょうか。

さらに昨日、NHKホール二日目。

アンコールに応えて出てきたバンドが演奏開始したのはやはり3-2のリズム。
HAPPY HAPPY GREETINGと思わせといて、でも「いつか」にいくんでしょ、と思わせといて、けっきょくHAPPY HAPPY GREETINGを完奏。
今日は「いつか」やらないんだと思わせといて、なんとバンド編成最後の一曲が「いつか」でした。

この日は、いつもならバンド編成の最後の曲になる「恋のブギウギトレイン」が終わってもバンドがステージに残ったまま。
「もう一曲やっていいですか?」というせりふとともに、いきなり「いつか」だったのです。

こうきたかー、って感じでした。

HAPPY HAPPY GREETINGと恋のブギウギトレインの間はもちろんRIDE ON TIME。
そこで、ふと気付くとコーラスに黒衣の背の高い女声が一人増えてる!
もちろん、まりやさんでした。
デュエットはなく、カーテンコールに参加してそのまま帰っていましたけどね。

「いつか」のあとは、いつものように達郎さん一人に。

アコギが出てきたので、今日もやるな、ということで次の曲は「一本の音楽」

NHKホール初日では、(達郎さんの曲でないため)「一本の音楽」がわからず(?)あるいはなぜこの曲を達郎さんが突然やるのかわからず(?)、会場がきょとんとしていた感じがしたのはいなめないので、今日は言葉で思いを伝えてくれました。

「盛岡に行く新幹線の中でメール受け取って。「体調戻ったから来年はライブ200本やります。」それが最後のメールになってしまって」

それから日を経たずして亡くなられた村田さんへの追悼の一曲でした。

「友達がどんどん減っていって」とも言っていました。

悲しい話なんだけど、曲は迫力あって、ぐいぐい押してきました。

そこからいつものYOUR EYESで締め。ほぼ22時。

東京千秋楽。
楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナハゼの産卵

(僕にとって)10年以上ぶりにアナハゼの産卵が見られました。Anahaze_0214_2016

オビアナハゼの産卵は、今シーズンだけで10回以上見てるけど、アナハゼとなると同じ10は10でも見るのが10年ぶりってなっちゃいます。
しかも、1ダイブで2回見られちゃいました。

ちょっとニヤニヤしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オビアナハゼの産卵

オビアナハゼの産卵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達郎さん Performance2013 ファイナル(12/24 '13)

今ツアー最後のクラッカーを鳴らして帰ってきました。もう終わっちゃったのかと思うとさびしいです。

Taturosan_poster

達郎さん千秋楽、セットリストには大きなサプライズはなかったけど、Last stepは今日もやりました。

そして、その前に竹内まりやさんもきました。これがサプライズ。予想通りではあるんだけど。
あれ?予想通りだとサプライズじゃないか。

達郎さんとのデュエットで、曲は、The Everly BrothersのLet It Be Meでした。まりやさんのアルバムにも入っていて、達郎さんとデュエットしているのですが、最初どのアルバムに収録されたのかは知りません。僕は、ベストアルバムのExpressionsを持ってたんでそこに入っているのにあとで気付きました。

昨年の千秋楽、沖縄でもデュエットした曲です。なので、僕はこれを聴くのは二回目です。

会場にThat's My Desireが流れ、達郎さんが礼をして去っていくところは、さびしかったです。

今年の僕の秋は、達郎さんとポール・マッカトニーとKISSが全てでした。
あと、10年ぶりのホカケハナダイの産卵か(笑)

今回のツアーのセットリストです。

曲の中で歌う曲(変な言い方ですが)は、一段スペースを置いてずらして書いています。
曲中曲は聴きとって自分で題名を探したり、一部友人に教えてもらったりしています。
ここに書いてある曲をやったのは間違いないと思うけど、聴き落としているのはあるかもしれません。

新(ネオ)・東京ラプソディー
SPARKLE
LOVE SPACE
ずっと一緒さ
あしおと
ひととき
スプリンクラー
PAPER DOLL
FUTARI
光と君へのレクイエム(10月8日以降)
GOD ONLY KNOWS(The Beach Boys)
GROOVIN'(The Rascals) - 60times hit
My Gift To You
Bella Notte
Have Yourself A Merry Little Christmas
DANCER
希望という名の光
 今日をこえて(岡林信康 And When I Dieを歌うようになってからは歌わず?)
 And When I Die(Blood, Sweat & Tears 青山純さんが亡くなって、
         それをMCで話すようになってから?)
 蒼氓
メリー・ゴー・ラウンド
Let's Dance Baby
 Twistin' the Night Away(Sam Cooke)
 Do You Wanna Dance(Bobby Freeman)
 Dancing In The Street(Martha Reeves & The Vandellas)
 Dance With Me(The Drifters)
 Dance With Me(Orleans)
 Land of 1000 Dances(Wilson Pickett)
 (クリスマスシーズンになってから?は上記5曲は歌わずクリスマスソングに。
  クリスマスソングは一小節ずつくらいでたくさん歌ってました。
  わからない、覚えてないのあるんですが、とりあえず、
 White Christmas
 Last Christmas
 恋人がサンタクロース
 すてきなホリデイ
 クリスマス音頭
  はやってました。)
 Mean Woman Blues(Roy Orbison)
 硝子の少年
アトムの子
 アンパンマンのマーチ
LOVELAND, ISLAND

-アンコール-

クリスマス・イブ
RIDE ON TIME
愛を描いて-LET'S KISS THE SUN-
Let It Be Me(The Everly Brothers 千秋楽のみ w/竹内まりや)
LAST STEP(なにか失敗した日&最後の方になってからは毎日?)
YOUR EYES

That's My Desire(エンディングBGM)

メンバー
山下達郎
小笠原拓海(ドラム)
伊藤広規(ベース)
佐橋佳幸(ギター)
難波弘之(キーボード)
柴田俊文(キーボード)
宮里陽太(サックス)
国分友里恵(コーラス)
佐々木久美(コーラス)
三谷泰弘(コーラス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予兆がわからない。。。:ミナミハナダイの産卵

普通何か魚の産卵を見たいなと思った時って、「求愛は見られるんだけど、産卵までなかなか進まず、決定的瞬間に立ち会えないんだよなぁ。。。」ってことが多いと思います。

僕にとってミナミハナダイは違います。むしろ逆です。

最初に偶然産卵が見られました。

そして、産卵を見続けることで、求愛らしい行動はわかってきました。しかし、求愛らしい行動から産卵に至ったのを見たことがありません、という状況なのです。

産卵は、いつも突然始まります。

産卵は何十回という単位で見ていますが、いまだにどの行動が産卵のきっかけになる行動なのか、わかっていません。とりあえず、メスが突然すごいスピードで泳ぎ上がるのです。

これを見てもはじまりは突然でしょう?

HDでも視聴できます。
白濁もばっちり見られますよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年ぶり!ホカケハナダイの産卵

10年ぶりにホカケハナダイの産卵を見ました。

10年前はおなかの大きなメスがいる!産卵するのか?まじなのか?見たい、だけでした。
ホカケハナダイの話題は下火になったころで、産卵を見る、という発想そのものがなかったような頃でした。

今回は、追いかけ始めて1年数ヶ月。じっくり見てきたので、だいぶ彼らの生活が理解できたところがあったと思います。
10年前よりある意味楽しかった気がしています。

今年、ケラマハナダイの産卵を見たあと、次に何を狙うか悩みました。
時間帯がかぶるので、次の3つの中から絞らないといけないと思ったのです。
二兎を追うものは一兎をも獲ず、で。

1.ケラマハナダイの産卵をもっとちゃんと撮る
2.カシワハナダイの産卵を狙う
3.ホカケハナダイの産卵を狙う

1はすぐ脱落したのですが、2か3かですごく悩みました。
カシワハナダイの産卵は見たことありませんが、産卵していることは間違いないと思っていました。ただ、個体数が少ないので、見るにはタイミングが必要かもとも思っていました。しかし初物ですから、見たいです。
ホカケハナダイの産卵は10年前に見ています。初ではないですが、カシワハナダイのように南の島へ行けば見られるわけではなく、記録しておきたい気持ちは強いです。それに、カシワハナダイ以上に継続観察してきました。。。

悩みに悩んで、っていうと大げさですが、ホカケハナダイを選びました。
ホカケハナダイは雌が全くいなくなった時期があって、見られないかもしれない、と思ってましたが、ラッキーでした。

長くなるかもしれませんが、一年の流れを今度書きます。読む人いないかも、だけどね(笑)

二番目のはもしかすると産んでないかもしれません。

本当は、上からオスが急降下してきて、メスに近づいた瞬間体をひるがえして帆を立てるところが一番かっこいいんだけど、そこがうまく映ってませんでした。。。

hの字を書き順逆にしたような動きでメスを上に上に誘っていくところは、10年前と同じでした。

だんだんだんだん話題にならなくなって、産卵するころには誰も見に来なくなっちゃうのも、10年前と同じでした(笑)

次はもうちょっとまともに撮りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズ来日公演@渋谷公会堂、二日間行ってきました

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース来日公演、二日間見に行って来ました。
Hltn_live
SPORTS完全再現+αのヒットパレードだと思われていた、というか、ウドーの来日告知ページに最近のセットリストとして、そう載っていた、今回のツアー。
ふたを開けてみると、SportsはI want a new drag、つまり、レコードでいえばA面で終わりでした。

そこからはアカペラあり、カバー曲あり、のバリエーションあるセットリストで、楽しませてもらいました。

初日も今日も、アンコールのラスト前の一曲は、Boys are back in townでした。もちろん、Thin Lizzyの曲です。
僕は元々この曲が大好きなので、かなりびっくりし、喜んじゃいました。
Jailbreackというアルバムに入っていますが、僕は、かの有名な絶品ライヴアルバムLive and Dangerousのバージョンが好きです。

ヒューイ・ルイスはまだ売れる前、フィル・ライノットに世話になっていた時期があるらしく、この、Live and Dangerousの中の一曲でも、ハーモニカを吹いています。Baby Drives Me Crazyという曲で、ちゃんと名前も紹介されています。

ということは昨日帰ってから教えてもらったり、思いだしたりしたことで、その時は、うわぁ、Thin Lizzyだ!と興奮してしまいました。ヒューイ・ルイスの曲調とは少し異なる曲ですが、かっこよくキマってました。

セットリストは二日ほぼ同じでしたが、一曲だけ変えてきていました。

SPORTSの中で一番好きな、If this is itを一日目はやらなくて残念だったんですが、二日目はやってくれました!そのかわり、Doing it all for my babyがなくなりましたが。。。

J.J.JacksonのBut it's all rightなんかも似合ってました。やっぱり、ルーツはこういったところなんでしょうね。

本編ラストはWe're Not Here for a Long Timeでした。この時点でThe Power of Loveはまだやっておらず、当然アンコールでやるもの、という雰囲気の観客は焦りません(笑)

少し長めの曲紹介の後流れたThe Power of Loveのオープニングは、この曲が今でも必殺チューンであることを強く思わせてくれました。

ライブはとにかく行けるだけ行っとくもんですね!

できれば、SPORTSに入っているし、Walkin'on a thin lineは聴きたかったけどなぁ。

セットリストです。

渋谷公会堂 10月7日、8日 2013年

1.The Heart of Rock & Roll
2.Heart and Soul
3.Bad Is Bad
4.I Want a New Drug
5.Trouble in Paradise
6.Jacob's Ladder
7.Doing It All for My Baby
(2日目は7.If This is it)
8.Back in Time
9.Hip to Be Square
10.It's Alright
11.Little Bitty Pretty One
(10.11.はアカペラ)
12.While We're Young
13.But It's Alright
14.We're Not Here for a Long Time (We're Here for a Good Time)

-----

15.The Power of Love
16.Do You Believe in Love
17.The Boys Are Back in Town
18.Workin' for a Livin'

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達郎さん@フェスティバルホール(9/29'13)、行って来ました

達郎さん@フェスティバルホールに行って来ました。1376638_506303836123494_2032964107_

大阪のコンサート会場なのに、今年行くのは3回目です。

家を出てから家に着くまで18時間、移動12時間、ライブ3時間半、行きは新幹線、帰りは深夜高速バスの半日帰り、このトシになってこんなことするか?というような完全追っかけの強行軍でした。

土日どちらかは必ず海行くから、強引な日帰りしかなく、わざわざ大阪まで、、、とちょっと思ってたのが行く前の本音でしたが、やっぱり行ってよかったです。達郎さん、今日も良いステージでした。ライブを聴いてしまうと、行こうか行くまいか悩んでいたのがウソみたいに思えます。

フェスティバルホールはやっぱりいいです。
お客さんの雰囲気が場所ごとに違うなぁというのも感じました。
大阪の会場はノリがいい感じがするし、Bomberを評価して達郎さんをブレークさせたのは大阪だと言う親近感と感謝の気持ちがどことはなく漂うのでしょうか。

加えて、フェスティバルホールは、照明効果もいろいろ手があるって感じがしました。今回は席が遠くて位置が高かったけど、ど真ん中でステージから正面ではあり、全体が見渡せました。ステージセットがよく見え、工夫された照明とも相まって、目からも大いに楽しめました。

僕は小笠原さん(ドラム)が好きなので、よく見えてうれしかったですね。
器用だし、ものすごく安定していると思います。
もっと若かったころのように、常に達郎さんの方を見て曲の展開を確認している、という感じがなくなり、少し肩の力が抜け、メリハリがきいてきたような気がします。
その横で、暗くなると広規さん(ベース)がうちわあおったりお茶飲んだりしてのんびりしてるのもよく見えたりしました(笑)

弘規さんと小笠原さんのリズム隊は、親子ほども年が違うのに、ぴったり息を合わせて、曲の土台を支えていますよね。

佐橋さんのギターの音は大好きですが、あまり出しゃばらず、でも押さえるところはしっかりと押さえている感じでした。

キーボードの難波さんと柴田さんのお二人はさすがにベテランの味、抜群の安定感で曲に彩りを添えていたと思います。
オペラグラスで手元を見ていると動きとともに音が聴こえてきて、あ、こんなところでこんな音出してるんだ、細かいところまで本当にアレンジ気を使っているんだな、と思います。
1381999_506303809456830_1587265185_
中盤、キーボード二台とギターが交互にソロをとり、掛け合いながら盛り上げていくのですが、そこの、静かに始まりながら、ぐわーっと上がっていくさまには、もう、はまります。

サックスの宮里さんは、基本、迫力のあるプレイが得意に見えます。静かに抑えて吹くところは、ちょっと聴いてて乗り切れない感じがしますが、盛り上げどころのパワーはすごいと感じます。

そして、楽器で出せない効果音も含め、しっかりと音量を調整する音響効果の緻密なことにも驚かされます。

何よりも達郎さんの歌。
声量も声質も、衰えを感じさせません。
その達郎さんが、もともと素晴らしい、僕の大好きな曲たちを歌うのだから、よくないはずがありません。

何度見ても楽しい、そして驚きのあるステージだと思います。

ここからちょっとだけネタばれです。

おまけですが、後半に入ったころの盛り上げどころの曲で、達郎さんがミスりまして。
僕も、あれ?なんかノッてない感じがするな、とは思ったんですが、ほこりが舞っていてついそれが気になって見ちゃったと。

お詫びに、いつもセットリストにない曲を一曲やりましたよ。

最後の曲の前、一人になってから、「あれ(ミス)さえなければ今日は最高だったのに。もう一曲やろうかな。ぶっつけだからうまくできるかわからないですけど」とエレキギターで弾き語り。
(去年の沖縄でも、竹内まりやさんとデュエットした時、ぶっつけだからといってたのに完璧でした)

このくらいはネタばれじゃないですよね?
曲はラストステップでした。

達郎さんのコンサートでは、あの必ずやる曲の中で、サム・クックやロイ・オービソン、ボビー・フリーマンなんかが歌われるんだけど、なんかその流れで、今日は朝からサム・クックとロイ・オービソン聴いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカエソの。。。

今、いろいろ継続観察しています。

アカエソの産卵は何回か見ています。しかし、うまく撮れたことがありません。

産卵に至る行動が今一歩、いや、二歩も三歩もわかっていないのです。
なので、僕からするとわけわかんないうちにいきなり産卵する形になってしまうし、そして何より速いのです。
あっと思ったときには飛んでいます。

アカエソのペアというのはよく見かけます。しかし、動きません。
動かないので当たり前ですが、行動が読みにくいです。

ペアのメスがぱーっと逃げていって、オスが追いかけるシーンはそれなりに見られますが、それは、自分が近づいていって、メスが驚いた、あるいは嫌がったからだ、という場合も多いように思います。それに、メスが逃げるというのは、産卵に至るサインにはなりにくいですよね。
あまりに普通種すぎて、個体識別してしつこく追いかけるのも難しい場合があります。
現状、どういう行動エリアを持つかもよく認識していないのです。

そんなときに僕の目の前に現れてくれたアカエソ。この日は、トリオでした。

トリオというと、たいていの場合、メス一匹にオス二匹です。この日の場合も、そんな風に思いました。
アカエソの場合、メスが大きく、オスが小さいようです。
そんなトリオで思い出すのはカエルアンコウですよね。

というのは置いておいて。

この日はこのトリオで3回、飛行(?)が見られました。
こんなことは初めてなので、けっこう興味深く見てしまいました。

一回目は、オスとオスの飛行でした。。。

動画はちゃんと撮れていないのですが、体が太く大きい個体に寄り添う方の小さな二匹が一緒になって上に上がっていってしまいました。。。

これはかなり意外で、最初は、大きいのがメスではなく、この二匹がペアだったのか、と一瞬思ってしまいました。
しかし、二匹で飛んだあと、その二匹は、また大きな個体のところに戻ってきて、最初見たときと同じ体勢になったので、やっぱりオス同士なんだな、と思ったのでした。

確かに今まで見たものの中にも、体の大きさが変わらないようなペアで、「あれ?これ雌雄なんだろうか?」と思って見ているうちに飛んじゃった二匹もいました。飛んだんだからペアだろう、雌雄だろう、産卵だろうと結論づけていたんですが、この日見たオス同士の飛行を見ると、自信がなくなってきました。。。

さらに見ていると、3匹で一緒に飛び上がりました。

3mくらい泳ぎ上がって、3匹がジグザグに交錯しているのが見えました。しかし、白濁のようなものは僕の目では見られず、下りてきたメスのおなかも、大きさ、太さが変わっているようには見えませんでした。

「むむ、これは産卵じゃないのかな、どうなのかな。」なんて思っていると、突然、オス同士で何か争ったそぶりもないまま、オスのうちの一匹がどっかに去っていってしまいました。

これでめでたくオスメス一匹ずつの純粋なペアになったわけです。

そして、程なくしてペアで飛び上がりました。

ライトをつけようか、どうしようか悩んでいたときで、あっ、と思ったときには飛んでおり、撮れませんでした。。。

情けない話です。

下りてきたペアの大きい方、つまりメスの方のおなかが小さくなっているのか、オスメスの行動が、産卵終わったあとらしいか(もう一回ペアになって寄り添おうとしないか)確認しようと思ったんですが、時間切れでした。

いずれにしろ、アカエソが二匹で泳ぎあがったら産卵である、と言えるのかどうか、今まで何回か見てきたものが産卵なのか、それが不安になってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アカオビハナダイの産卵

前半は、少し暑すぎ!ってところはあったものの、後半はそうでもなくなり、徐々に落ちてはいったけれども、透明度もサイコー、となかなか楽しいお盆休みでした。

僕のお盆休みは、10日のIOP、初見のレンテンヤッコの産卵観察からスタート。

大瀬に移動して、アカオビハナダイの産卵継続観察、ケラマハナダイの産卵(!)、カシワハナダイ♂がアカオビハナダイの♀と産卵寸前?!お腹の大きなカシワハナダイ♀など、久々にハナダイざんまいで、楽しみました。

初見の産卵ものが二つ(レンテンヤッコ、ケラマハナダイ)、お盆前の週に初見で、きちんと見られたのは、今週が初めてというのが一つ(アカオビハナダイ)、最終的にどうなるかわからないけど、興味津津なのが一つ(カシワハナダイ♂
×アカオビハナダイ♀)、今後に期待が一つ(お腹の大きなカシワハナダイ)と、なかなか充実していました。

レンテンヤッコの産卵を見たときに、「もうしばらく初物は見られないだろうなぁ、次は一年後かも」と思ったのがうそみたいです。

映像はアカオビハナダイの産卵。

アカオビハナダイは、大瀬では普通種ですし、泳いでいるのは15年も前からごく当たり前に見ていたのですが、産卵観察は初めてでした。

遠目の方が産卵わかりやすいのですが、少し近くでとれた映像をアップしてみます。フレームアウトさせちゃってるのが残念ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«カシワハナダイの求愛。しかし相手は...