楽天CasaをiPhoneで顛末記

楽天のフェムトセル、Casaに申し込んでみて、12/8に届きました。

結論から言うと、使えるようになりました。

大変だったということもないですが、簡単にスルッとうまくいったわけでもありませんでした。

iPhone12 Proで使えるようになるまで少し手間がかかったから記録に残します。
ちょっとでも参考になる人がいるといいな。

ただ、この通りに行くかどうかわからないけどね。


まず、Casa、必要なのか?って聞かれたら、いいえ、って答えるけど、なんかなんでも試してみたいんだよね。事務手数料は3,000円かかるけど、ポイントで返ってくるし、実質負担なしだからどんなもんだろ?と。
家は、パートナーエリアです。

フェムトセルって、SoftBankが電波悪い悪いと言われていた頃、配ってたよなー、と。どのキャリアでもあるにはあるはずだけど、SoftBankの印象が強いなー。

で、楽天のCasa。

印象としては思ったよりデカい。
設定は簡単で何かやることはなく、つなぐだけ。

12/8 到着日。
WANとは繋がり、Wi-Fi機能は充したんだけど、そこに僕のニーズは全くなく、LTEの電波が流れないといけない。でも、そこがうまくいかない。。。

LTE以外のインジケータは緑なんだけど、LTEは黄色の点滅が続く。
なんで?と思ってサポートチャットにメッセージ流すも反応なし。。。で、電話したら、さすがにサポートにコストかけられないのか、30分待たされた上で、まだ開通していない状態、と通告される。24から48時間待ってください、と。
LTEファームウェアアップデート中というステータスになってるみたい。

そんなに待てってどっかに書いてあったっけ?書いてあれば黙って待ったのに、と思いつつ、ただ今繋がっていない黄色点滅が緑にならないかなぁ、と待つ。

正直繋がらないと困る、という切迫感は全くないので、なんか楽しいなー。どうなるかなー。

12/9 10:30

コンセント入れ直し(リセット?)

LTE黄色点滅変わらず。

で。スループットにはしませんでした。

(「VPN」スループットが必要ということなので、単なるスループットとは違うと判断)

単にスループットにしてしまうとリスクあるかな?と。

(知識全くありません。。。間違ってるかも)



12/9 13:30

変化なし

 

12/9 19:00

変化なし



12/10 8:00

アプリ使ってリセット。

LTE最初緑点滅でもけっきょく黄色点滅へ

 

12/10 11:00

何もしていないのに、気付いたらLTEが緑点滅に。

そのあとまた黄色点滅に戻った。

 

12/11 6:00

気付いたらLTEが緑点灯に。

セッティング、終了か?

電源抜き差しやリセットしたので、ファームウエアのアップデートに時間がかかったと思われ。

ただ、LTEインジケーター、点滅しない。

試しにYouTube見ると、パートナーエリアの使用可能残が減ってくから、やっぱり通信していないのかな。

 

12/13 10:00

上記の件、サポートにTELもiPhone保証対象外ということで話は進まず。

ただ、Casaから出ている電波は特別な電波では無いと言われる。

つまり保証対象外のiPhoneでも電波つかめないわけじゃないはず。

 

12/13 11:00

ネットを見て対応方法ないか確認するも、方法は見つからず。

ただし、今つかんでいる電波が楽天のものかauのものか確認する方法を知る。

その流れで、「ネットワーク選択」に楽天があるか確認し、自動でなく手動で選択してみる。

Rakutenがあったので手動でそれを選択、その時はうまく掴めず、圏外に。。。自動に戻す。しかし、自動に戻すと今まで多くても3本しか立っていなかったアンテナが4本しっかり立つようになる。

あれ?

これもネットて認識したフィールドテストモードで確認すると、楽天に繋がってる!

YouTube閲覧するも、パートナーエリアの使用可能残減らず。ここら辺の理屈は全くわからないけど、これは開通したと思っていいね。

開通しても、インジケーターのLTEは緑点灯のままだった。

フィールドテストモード、freq_band_indが18だとau、3だと楽天ということらしい。
(見方はネットにたくさん載ってますので調べてください)


12/14

知らないうちにアンテナが2本になっていたので、あれ?と思ってフィールドテストモードで確認すると、auに戻ってた。。。

またネットワーク選択を手動→Rakuten選択自動に戻すいったん機内モードにして電波を離れ、また戻る、という方法で、freq_band_ind3になり、アンテナが4本立った。気をつけないとな。。。

 

今のところ以上です。
切迫感はないので、すぐにうまく行かなかった分、楽しめました。
誰かの参考にちょっとでもなるかなぁ。
月並みなセリフだけど、自己責任でお願いいたします。

| | コメント (1)

ベニハナダイの産卵@伊豆・大瀬崎

 

苦節約2年(3シーズン)。やっと見られました。

 

(僕にとって)初回なんで警戒してライトつけずに撮ってますからこんな感じですが。

 

ベニハナダイの産卵@伊豆・大瀬崎。

 

とにかくフレームアウトさせるのが怖くて、引きまくってます(笑)

 

長かったです。
こんなにかかるとは思っていませんでした。
ハナダイの産卵なんで、もっとあっさり見られるはず、と思っていたのに気づいたら3シーズンかかってました。

 

9時、9時半、10時、10時半、、、と全時間帯チェックもやりました。可能性の高いと思った時間帯は何回も時間ずらしつつチェックしました。
それでも見られませんでした。
なんでかさっぱりわからなかったけど、こうやって実際に見ることができると、どうして見られなかったのか、見づらかったのか、わかった気がします。
最初からここを継続観察していたわけじゃなかったんですが、ここに移行して観察を続けてしばらく経った頃、近くに超のつく人気者が現れて近寄れなくなる、という事件が起きたこともありました。人気者を楽しみにしていた方には申し訳ないですが、僕は興味はなかったし、正直うらみましたよ😓

 

でもまあいいです。やっとなんとか見ることができました。今度はライトをつけて撮りたいな。

ハナダイの産卵なんて、その場に行けば(ハナダイを見に行く行かないにかかわらず)、偶発的に見られてしまってもおかしくないはず(求愛は派手なんでつい目がそっちに向く)、と思ってます。なのに、ベニハナに関してはそういう話をほとんど聞かない(とは言え僕が誰とも情報交換しないのが理由なのかもしれませんが)のが不思議でした。

しかしこうして一回見てみると、それも宜なるかな、と感じられるところがありました。

| | コメント (0)

アカエソの産卵、また撮れず、、、

アカエソの。。。

これから7年、また同じようなことが起こりましたが、また撮れませんでした。 
今回は、メスに3匹のオスが絡んでいました。

118773057_3225541110866406_1754075731465


ペアよりこういう3匹以上パターンの方が魚が動くのは感じるところで、動きがある方が気持ち的に粘りやすいのも事実ですね。

| | コメント (0)

Rakuten UN-LIMIT、申し込んでみた


Rakutenmobile

画像左上、Rakuten Mobileの左隣の電波の強さを示すアンテナが、上下二段になっているのがわかるでしょうか?デュアルSIMで、2回線対応にしてみました。そして、見た目には分かりませんが、楽天モバイルはeSIMです。もう一つのNifmoは物理SIMで、モバイルデータ通信のみの契約です。


楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT、申し込んでみたんです。電話機はiPhone SE(2ndG)、いつもApple直で買っているSIMフリー端末です。

今回、試したくなったのは、楽天モバイル用無料通話アプリのRakuten LinkがiOSにも対応した、というのがきっかけです。

どうせ1年間無料だしね。

とはいっても、僕は電話なんて全くしません。今はチャットアプリの無料通話もありますしね。というか、それも使わないんですけど。

必要なのか?と聞かれたら、全く必要じゃありません、と答えます。ただ試してみたかったんです。

無料通話とはいえ、電話かけるところが思い浮かばない。。。とりあえず通信速度測って遊びます、と思ったけど、僕の家はパートナーエリア(au回線)です。楽天モバイルのエリアは近くにはありません。海方面にもありません。楽天モバイルエリアである都内や横浜に次に行くのはいつかな。

追記
eSIMって、専用ページにQRコードが現れてそれ読み取って、みたいな、オンラインで完結するのか、と思っていたら、QRコードのスタートガイドが宅急便で送られてきました。正直、ステータスに「発送予定」って出た時に、一体何を送ってくるのだろうと訝しく思ったんですよね。ちょっと意外でした。

また、入会翌日、SMSによる本人確認を求められる事例があったので、楽天モバイルの番号で送ってみました。普通にメッセージが返ってきて、承認されました。
って、当たり前だ、と思うかもしれませんが、楽天モバイルは、SMSもRakuten Link経由なんで、ちゃんと問題なく処理されるか、ちょっと気になるんですよね。

| | コメント (0)

セレベスゴチの産卵

セレベスゴチの産卵を見ました。

3匹でいたので、オス同士の抗争が長引くと産卵するまで時間かかるかな?とも思ったんですが、動きも激しいし、面白そうなので粘ってみることにしました。

 

 


で、結果はこれ。うまく撮れませんでした。いつものことか。。。

セレベスゴチの産卵は、まだ見るのが8回目くらいなんですが、初めて自分から浮き上がる積極的なメスを見ました。そして、上昇中に一回止まりました。

今までのパターンと異なるので、カメラの動きを止められず先走ってしまいましたよ。。。その一方で、何回か見たのより、そして、思ったより、ゆっくりでもありました。

オスの戦いの決着もどうしてついたのかわからないし、とにかく、僕には知らないことしかありません。

| | コメント (0)

大瀬崎では16年ぶりに見た!ヤノダテハゼ

今日は透明度が良くて。
118309174_3205605976193253_5664413048112
あいかわらずちゃんと撮れないウデだけど。

この写真なら、ヤノダテハゼだ、と言ってだいじょうふだよね?
@大瀬崎

| | コメント (0)

クロホシイシモチのハッチアウト@IOP

 

浮遊物も多く、中層でありながら意味なく寄って寄ってアップで撮ろうとしているので、揺れ揺れ、粗粗の映像でごめんなさい。


でもこれ、僕の中では、レア度抜群です。

バツグン、なのです(イシモチのハッチがレアなのではなく、クロホシイシモチだから、です)。

僕は、ダイビングでいろいろな生きものに関する情報交換をほぼ全くしません。なので、みんな知ってることを知らないことも多く、やや狭い範囲の情報ではありますが、僕の知る限り、クロホシイシモチのハッチアウトを見るのはかなり難しいことだと認識しています。



クロホシイシモチそのものは、伊豆では普通種でいくらでも見られるものですし、ハッチアウトでなく産卵の方は見ている人も多いと思います。


伊豆普通種イシモチ五種(クロホシ、ネンブツ、オオスジ、コスジ、スジオ)のうち、一番産卵を見やすいのはスジオだと思っていますが、個体数が多くはなく、けっきょく一番産卵を見られるのはクロホシですよね。
それが、ハッチアウトになると様相が変わってきます。あれだけいるクロホシもハッチアウトとなると(僕には)全く見られません。と言うよりハッチアウトさせそうな個体に遭ったこともありません。どこをどう狙っていいかわかりません。まるで緒が見つかりませんでした。


それがこの日。

久しぶりに行ったIOPのナイトで、目の前にハッチアウトさせそうなクロホシイシモチが現れてしまいました。
オオスジ、コスジ、スジオのハッチアウトはそこそこ見ていますので、別種であってもなんとなくハッチアウトさせそうなイシモチはわかります。
見た瞬間、「これハッチアウトしそうじゃん。でも、クロホシイシモチだよな?まさかな。。。」と思いつつも、「今日はこれに賭けてみていいよね」と、粘ってみることにしました。
すると、もう、程なくハッチアウトをさせ始めました。粘るってほどでもありませんでした。
光をどのくらい嫌がるかもわかりませんでしたが、それでも近づくしかない、と思いました。
透明度も悪く、浮遊物(+巻き上げ)も多く、うねりもある中、中層を泳ぎながらぐいぐい迫って、ただ闇雲に撮りました。
なので、あとで見返してみると、「もう少しこうしておけば。。。」というのはありますが、兎にも角にも、クロホシイシモチのハッチアウト、僕にとっての初モノ、そして、今年の初・初モノです。

| | コメント (0)

月の輪

105572801_3025554447531741_6200820209293

ツキノワ !

で大丈夫だよね?@大瀬崎

| | コメント (0)

ウイゴンベの産卵


今年初・初モノです。
もうだいぶ初モノをゲットすることが少なくなってきたから、やったー!感はありますね。
ウイゴンベはよく見る魚ですし、過去、産卵狙ってみたりしたこともあります。でも、少し外洋性なのか、大瀬だと産卵が見られそうな場所にはなかなか現れてくれませんでした。
見つけた時、この場所にウイゴンベがいるとなると、産卵狙えるかもしれない、と反射的に思いました。
そこから9ヶ月。
定期的に様子を見に行って、先週あたりは、もういよいよだな、とは思っていました。そして、やっとその日がやってきました。
とはいえ、9カ月間、様子を見続けるだけでよかったので、楽っちゃあ、楽な部類に入るんですけどね。いなくなることだけが怖かったのですが。
ウイゴンベは遊泳性の高いゴンベだから、泳ぎながら求愛したりするのかな?と思ったら、なんのことはない、産卵直前の行動は、オキゴンベとそんなに変わらない感じでした。
ただ、泳ぎ上がりも高いですし、求愛中の動きも、オキゴンベに比べると少し軽やかな感じかな?

| | コメント (0)

サザンオールスターズ、ふざけるな!ツアー、追っかけ終了!


2ヶ月に及ぶサザン追っかけが終わりました。
64269764_2238301106257083_81741432877251
ツアー自体は、明日の東京ドームが最後ですね。


もうセットリストネタバレでもいいかな、ということで、ちょっとだけ書いてみます。


今回のツアーには、6公演参戦しました。


今回のツアーは、アリーナ5都市10公演、ドーム6都市12公演の計22公演だったのかな?ざっとで60万人近い動員ですよね?やっぱり凄まじいな、サザン。


ちなみに僕はサザンのすごいファンじゃないです。


とは言っても、サザンほどの有名バンド、曲を耳にしないわけがありません。年代的にはドンピシャで、高校・大学時代はよく聴きました。

「ザ・ベストテン」の「今週のスポットライト」にサザンが「勝手にシンドバッド」を引っさげて初めて出た時をよく覚えてる、そんな世代です。「気分しだいで責めないで」の「ノイローゼ!ノイローゼ!」もありましたよね。

そういうの覚えている人、僕世代には多いですよね。


昨年、Rock in Japan Festivalにサザンが出るのを知り、普通の公演はチケット取りにくいけど、フェスだったらわりと簡単に取れるし、行ってみようかな、っと思ったのが今回のツアー追っかけに至るきっかけでした。

正直最近の曲はよくわからなかったんだけど、最後の「みんなのうた」→「勝手にシンドバッド」、そして夏フェスのヘッドライナーらしい最後の花火ドカン!にやられ、これはツアーも行きたいと。


サザンは、フェスは有名曲中心に構成するけど、ツアーはけっこうやりたい曲をやるって感じになる、というのはどこかで聞いたことはありました。


ただ、初日(宮城)のセットリストに「勝手にシンドバッド」がなかったのを知ったときはちょっとショックではありました。
セットリストの「勝手にシンドバッド」が入りそうなところで演ったのは、「ロックンロール・スーパーマン」で、確かにこの曲いいんだけど、ライトなファンの僕にはやっぱりシンドバッドだよな、と思ってました。

最初当たったのは福岡と札幌で、まだまだだいぶ先だよなー、セットリストってツアー中で変更あるのかなー?と思っていたところに、ガツンと飛び込んできたのが、横浜アリーナ注釈付き席当選のメール。

いつものメールと今日のメールは文字量が違うな、とは思ったんです。外れた時は、これからもローチケを云々と書いてるんですが、それがなかったんですね。当選者には気を使う必要がない。そらそら当たったぞ!だけでいいわけです😝

注釈付き席って、嫌いじゃないんですよね。アリーナクラスの会場だと会場真ん中にスピーカーをセットすることが少ないので注釈付きといえばまず真横ですが、ステージとの距離は近いことが多いから。

もう心の準備(?)もないままにいきなり始まった僕的サザン追っかけツアー、遠征付き。
スタートはまさかまさかの地元横浜でした。

取れるわけない、と思っていて、どうでもいいや、と2枚申し込んでいたので、唐突に人を誘っていく、という、僕には珍しいこともしてしまいました。


さて、いざ会場に着き、本人確認を済ませて中に入ると、LEDリストバンドが配られます。これ、「ひとり紅白」の時にも配ってたんですが、中央でコントロールして光らせることができ、色も変えることができるリストバンド型ライトなんです。けっこう気分がアガります。

さて、入って席についてみると、ステージ近い近い。本当に真横で、しかも一番端の席だったんですが、ステージの端までは15mくらいでしょうか?


ただ、ステージ横には幕が降りています。


あまりに真横すぎて、その幕が真正面にもあるのかないのかすらわかりませんでした。
一緒に行った人と「あの幕が最後まで降りなかったらどうしようか、きっと何も見えないよね」と話していたくらいです。


一曲め「東京VICTORY」のオープニングがかかると、LEDリストバンドが光り始め、その手をみんなで高く掲げて。端にいる分、会場全体でバンドが光っているのが見えて、なかなかの圧巻でした。
が、幕はそのまま。一方、正面が見える人たちはわーっと盛り上がっています。
今にしてみれば普通そんなことない、と思えるのですが、その時は、「あー、正面側は幕が取り払われているのかな。横からは見えないまま行くのかなぁ」と思っちゃったのは事実です。

実際は、正面も幕が降りていて、シルエットが映っていただけなんですよね。

だから、「それ行け Get the chance!」で幕が落ち、ステージの全貌が見えた時は、うわーってなりました。


東京VICTORYには、ヘイ!ヘイ!って掛け声をかけるところがありますよね。そこでは、みんなで腕を振り上げて、ヘイ!ヘイ!で、もういきなりヒートアップ。最初から楽しかったなぁ。

| | コメント (0)

«カシワハナダイの産卵