« アカオビハナダイの産卵 | トップページ | 達郎さん@フェスティバルホール(9/29'13)、行って来ました »

アカエソの。。。

今、いろいろ継続観察しています。

アカエソの産卵は何回か見ています。しかし、うまく撮れたことがありません。

産卵に至る行動が今一歩、いや、二歩も三歩もわかっていないのです。
なので、僕からするとわけわかんないうちにいきなり産卵する形になってしまうし、そして何より速いのです。
あっと思ったときには飛んでいます。

アカエソのペアというのはよく見かけます。しかし、動きません。
動かないので当たり前ですが、行動が読みにくいです。

ペアのメスがぱーっと逃げていって、オスが追いかけるシーンはそれなりに見られますが、それは、自分が近づいていって、メスが驚いた、あるいは嫌がったからだ、という場合も多いように思います。それに、メスが逃げるというのは、産卵に至るサインにはなりにくいですよね。
あまりに普通種すぎて、個体識別してしつこく追いかけるのも難しい場合があります。
現状、どういう行動エリアを持つかもよく認識していないのです。

そんなときに僕の目の前に現れてくれたアカエソ。この日は、トリオでした。

トリオというと、たいていの場合、メス一匹にオス二匹です。この日の場合も、そんな風に思いました。
アカエソの場合、メスが大きく、オスが小さいようです。
そんなトリオで思い出すのはカエルアンコウですよね。

というのは置いておいて。

この日はこのトリオで3回、飛行(?)が見られました。
こんなことは初めてなので、けっこう興味深く見てしまいました。

一回目は、オスとオスの飛行でした。。。

動画はちゃんと撮れていないのですが、体が太く大きい個体に寄り添う方の小さな二匹が一緒になって上に上がっていってしまいました。。。

これはかなり意外で、最初は、大きいのがメスではなく、この二匹がペアだったのか、と一瞬思ってしまいました。
しかし、二匹で飛んだあと、その二匹は、また大きな個体のところに戻ってきて、最初見たときと同じ体勢になったので、やっぱりオス同士なんだな、と思ったのでした。

確かに今まで見たものの中にも、体の大きさが変わらないようなペアで、「あれ?これ雌雄なんだろうか?」と思って見ているうちに飛んじゃった二匹もいました。飛んだんだからペアだろう、雌雄だろう、産卵だろうと結論づけていたんですが、この日見たオス同士の飛行を見ると、自信がなくなってきました。。。

さらに見ていると、3匹で一緒に飛び上がりました。

3mくらい泳ぎ上がって、3匹がジグザグに交錯しているのが見えました。しかし、白濁のようなものは僕の目では見られず、下りてきたメスのおなかも、大きさ、太さが変わっているようには見えませんでした。

「むむ、これは産卵じゃないのかな、どうなのかな。」なんて思っていると、突然、オス同士で何か争ったそぶりもないまま、オスのうちの一匹がどっかに去っていってしまいました。

これでめでたくオスメス一匹ずつの純粋なペアになったわけです。

そして、程なくしてペアで飛び上がりました。

ライトをつけようか、どうしようか悩んでいたときで、あっ、と思ったときには飛んでおり、撮れませんでした。。。

情けない話です。

下りてきたペアの大きい方、つまりメスの方のおなかが小さくなっているのか、オスメスの行動が、産卵終わったあとらしいか(もう一回ペアになって寄り添おうとしないか)確認しようと思ったんですが、時間切れでした。

いずれにしろ、アカエソが二匹で泳ぎあがったら産卵である、と言えるのかどうか、今まで何回か見てきたものが産卵なのか、それが不安になってしまいました。

|

« アカオビハナダイの産卵 | トップページ | 達郎さん@フェスティバルホール(9/29'13)、行って来ました »

コメント

I can’t understand how to add your weblog to my news reader. any recomendations would be appreciated I want to access your posts.

投稿: chaussures ugg pour homme | 2013/10/23 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56165/58263758

この記事へのトラックバック一覧です: アカエソの。。。:

« アカオビハナダイの産卵 | トップページ | 達郎さん@フェスティバルホール(9/29'13)、行って来ました »