« 2018年7月 | トップページ | 2019年6月 »

カシワハナダイの産卵

(見られたことを残すため撮る、という意識が強かったので、かなり引いて、ライトも点けずに撮っています。)


やっと、やっと、カシワハナダイの産卵を見ることができました。


死滅回遊魚の産卵を一つのテーマにするようになって十数年。


ハナダイの産卵は比較的見やすいので、死滅回遊魚のハナダイの産卵は積極的に狙っていました。


カシワハナダイは、死滅回遊魚だと思っていますが、その中では越冬しやすいハナダイです。
ほぼ毎年越冬個体が見られます。
だから産卵は十数年前から狙ってました。


でも、ずっと見られませんでした。


死滅回遊ハナダイの産卵で最初に見られたのは、2003年のホカケハナダイの産卵でした(ホカケは死滅回遊魚でいいですか?)
そのうち、ケラマハナダイの産卵が見られ、それがなぜか毎年見られるようになり、フタイロハナゴイの産卵が一回だけ見られ、と進んでいったのに、カシワハナダイの産卵はどうしても見られませんでした。

富戸では見られたと聞きました。しかも越冬していない個体だと。これはかなり衝撃的でした。でも、僕の方は進捗しませんでした。


今年もなかなかうまくいかず、もう水温も下がってきたし、どうなるんだろう、と思っていた今日、やっと見られました。

見られた今になっても、なぜ今まで見られなかったかがわかりません。そこがいちばんの問題です。ちょっと思っていることはありますが。

単に僕が間が抜けていたのでしょう。。。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2019年6月 »