« 2020年8月 | トップページ | 2020年12月 »

ベニハナダイの産卵@伊豆・大瀬崎

 

苦節約2年(3シーズン)。やっと見られました。

 

(僕にとって)初回なんで警戒してライトつけずに撮ってますからこんな感じですが。

 

ベニハナダイの産卵@伊豆・大瀬崎。

 

とにかくフレームアウトさせるのが怖くて、引きまくってます(笑)

 

長かったです。
こんなにかかるとは思っていませんでした。
ハナダイの産卵なんで、もっとあっさり見られるはず、と思っていたのに気づいたら3シーズンかかってました。

 

9時、9時半、10時、10時半、、、と全時間帯チェックもやりました。可能性の高いと思った時間帯は何回も時間ずらしつつチェックしました。
それでも見られませんでした。
なんでかさっぱりわからなかったけど、こうやって実際に見ることができると、どうして見られなかったのか、見づらかったのか、わかった気がします。
最初からここを継続観察していたわけじゃなかったんですが、ここに移行して観察を続けてしばらく経った頃、近くに超のつく人気者が現れて近寄れなくなる、という事件が起きたこともありました。人気者を楽しみにしていた方には申し訳ないですが、僕は興味はなかったし、正直うらみましたよ😓

 

でもまあいいです。やっとなんとか見ることができました。今度はライトをつけて撮りたいな。

ハナダイの産卵なんて、その場に行けば(ハナダイを見に行く行かないにかかわらず)、偶発的に見られてしまってもおかしくないはず(求愛は派手なんでつい目がそっちに向く)、と思ってます。なのに、ベニハナに関してはそういう話をほとんど聞かない(とは言え僕が誰とも情報交換しないのが理由なのかもしれませんが)のが不思議でした。

しかしこうして一回見てみると、それも宜なるかな、と感じられるところがありました。

| | コメント (0)

アカエソの産卵、また撮れず、、、

アカエソの。。。

これから7年、また同じようなことが起こりましたが、また撮れませんでした。 
今回は、メスに3匹のオスが絡んでいました。

118773057_3225541110866406_1754075731465


ペアよりこういう3匹以上パターンの方が魚が動くのは感じるところで、動きがある方が気持ち的に粘りやすいのも事実ですね。

| | コメント (0)

Rakuten UN-LIMIT、申し込んでみた


Rakutenmobile

画像左上、Rakuten Mobileの左隣の電波の強さを示すアンテナが、上下二段になっているのがわかるでしょうか?デュアルSIMで、2回線対応にしてみました。そして、見た目には分かりませんが、楽天モバイルはeSIMです。もう一つのNifmoは物理SIMで、モバイルデータ通信のみの契約です。


楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT、申し込んでみたんです。電話機はiPhone SE(2ndG)、いつもApple直で買っているSIMフリー端末です。

今回、試したくなったのは、楽天モバイル用無料通話アプリのRakuten LinkがiOSにも対応した、というのがきっかけです。

どうせ1年間無料だしね。

とはいっても、僕は電話なんて全くしません。今はチャットアプリの無料通話もありますしね。というか、それも使わないんですけど。

必要なのか?と聞かれたら、全く必要じゃありません、と答えます。ただ試してみたかったんです。

無料通話とはいえ、電話かけるところが思い浮かばない。。。とりあえず通信速度測って遊びます、と思ったけど、僕の家はパートナーエリア(au回線)です。楽天モバイルのエリアは近くにはありません。海方面にもありません。楽天モバイルエリアである都内や横浜に次に行くのはいつかな。

追記
eSIMって、専用ページにQRコードが現れてそれ読み取って、みたいな、オンラインで完結するのか、と思っていたら、QRコードのスタートガイドが宅急便で送られてきました。正直、ステータスに「発送予定」って出た時に、一体何を送ってくるのだろうと訝しく思ったんですよね。ちょっと意外でした。

また、入会翌日、SMSによる本人確認を求められる事例があったので、楽天モバイルの番号で送ってみました。普通にメッセージが返ってきて、承認されました。
って、当たり前だ、と思うかもしれませんが、楽天モバイルは、SMSもRakuten Link経由なんで、ちゃんと問題なく処理されるか、ちょっと気になるんですよね。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年12月 »