SONY READER

SONYのREADERを買いました。

iPadは家ではいいのだけれど、外では少し大きく重く感じるので、電車内読書用にと思って。
6インチで、3GもWi-Fiもない生産終了した(とお店の人が言っていた)ヤツ、PRS-650。

Reader_ipad_2

自炊PDFのみの使用予定です

大きさはこんな感じです。
小さくて軽いのは何よりもメリット。
バックライトがないのですが、その分紙らしさ、みたいなものを伝える画面。
電子ペーパー、って言うようです。

画像の比較対象はiPad。
文庫本を自炊して読むとき、iPadではi文庫HDを使い、見開き2ページずつにして読んいるのですが、その1ページ分よりREADERの画面の方が少し小さいですね。
字が少し小さくなります。

また、iPadというか、i文庫HDでは、表示するPDFを5%刻みで拡大縮小でき、その拡大縮小率を固定したままページをめくっていけるのですが、READERは拡大縮小してその率を固定しようとすると、解除と×表示が出たままになります。

Reader_kaijo

これはかなり不便。
余白削除という表示方法もあるのですが、余白をどう認識しているのか、思うように余白をカットしてくれないことが多いです。

なので、事前にPDF自体をトリミングしてReaderに入れ、少しでも大きな文字で読めるようにしています。

READERとPCをつなぐのはUSBで、READER側のソケットはマイクロUSBです。
規格モノなので、対応するケーブルを探すのが簡単でいいですね。

タッチパネルの反応が少し遅い感じはします。iPadなんかのスピードに慣れた目には。
あと、ページを変える時、一回白黒反転します。
最初気になったのですが、すぐ慣れました。

文庫本の自炊PDFを読むには少しだけ字が小さく感じる、のは否めませんが、全体として、かなり好印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)