BootCamp

Windowsが7になり、我がMacのBootCampもWindows7に対応可能かなぁ、なんて思っていたのです。

出張続きでなかなか手が出せなかったのですが、一段落したので調べてみたところ。

ううむ、まだ対応してないのね、しかもOSは、SnowLeopardじゃないとだめなのね。

我が家はLeopardでSnowにアップデートしてません。

ううむ、そうか。。。

館長用にWindows7マシンは買いました。
確かにビスタよりはずっと速いようです。

しかし今わかっているのはそこまで。

我がMacのBootCampのビスタは、、、速くはないけど、困るほど遅くもありません。
安定性も悪くないし。

さて、どうしよう。

Snow Leopard→BootCampアップデート→Windows7か、もうひと思いにMacを新しくするか。

でも何の問題もない、我が家のMacです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイティマウスのお掃除

Mightymouse

僕はMacなのでマウスはこれです。

このマウス、なかなか使いやすいと思うのですが、6,000円くらいして高いのと、スクロールボールの裏側にゴミがたまって、すぐ動きが悪くなるのが難点です。

皆さんこれにはなかなか苦労しているようで、ネット上を見てもスクロールボールのいろんな掃除方法が載っています。

僕も悩まされていて、それでもいろんな方法で掃除してだましだまし、という感じで使っていたのですが、あまりにすぐ動きが悪くなっちゃうので、業を煮やしてついにとった方法は。

自分がダイビングをしていてビデオやカメラを水没させたことが多いせいか(笑)、機械は意外と真水による水洗いに強いものだ、という経験則を強引に活かして(^-^;

スクロールボール部分を水洗いしました。

をい、何してんだ、大丈夫か、そんなことして、と思われるでしょ。
もう十分使ったんで、壊してもいい覚悟で、とは思ってやったんですが、結果は大満足。

乾くまで時間がかかりましたが(さらに乾くまでに接続するといろんな不具合が起こりましたが)、壊れるどころか、スクロールボールの動き、手ごたえが大幅にスムーズになりました。

人にお勧めできるやり方じゃないですが、そしてもしこれを見てやってみようか、と思った方も自己責任でお願いしたいですが、僕の場合は結果オーライです、快適です。

これをダイビングの水没経験が生きた、というのでしょうか?bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハードディスク

ふと気付くと、iTunes内の曲でハードディスクがだいぶ厳しくなってきました。

僕はiMacですが、BootcampでWindowsを入れており、HD容量がMac、Windowsでそれぞれ160GBになっています。
iTunesで占拠している部分はせいぜい13,000曲、60GB弱なんで大したことないんですが、もちろん他にもソフトがたんまり入っているし、そろそろ残り容量を気にする時期にはなってきた、というわけです。

で、外付けHDDに曲を移動し、iTunesはそっちで対応、と思ったのですが。。。

どうも外付けハードディスクの振動音が耳についてうるさいのです。
机に共鳴した感じで、けっこう神経に触ります。
今までは、ファイルを移すときだけスイッチを入れていたので、そんなに気にせずに済んだのですが。。。

これを何とかしないと外付けHDDで運用する気にならないなー、どうしよう?と思っていました。
静音タイプってやつを買ってみようか?うーん、でもそんなに古くないしな、このHDD、買い替えるにはまだ早い。

なんて悩んでいるそんな時、ふと車用の滑り止めシートが目につきました。

接着するわけではないけど、ダッシュボードなんかにペタッと貼り付き、その上にお金とか置いても落ちない、というアレです。
なんとなく説明を読んでみると、「振動を吸収するから。。。」とあります。

試してみようと、ハードデスクの下に置いてみると、いきなり静かに。
全く気にならなくなったとは言いませんが、ほぼ気にならないレベルにまで落ちました。

これは思わぬところで役に立ったぞ、と大喜び。

さっそくファイルを移したり、別なHDDにバックアップを取ったりなんやかんやで、PCのハードディスクはガラガラになりました。

うーん、こうなると今度はiPodそのものの容量が気になってくるなぁ。
残り、あと3GB。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vista

この前、iMacのBootcamp側のXPがクラッシュしました。

原因は、Mac側のParallelsがらみだと思います。
Parallels、少ーし安定感に欠けますね。

そんなこんなで、OSの再インストールをせざるをえなくなって、ふと思い立ち、Bootcamp側にVistaを入れてみようという気になりました。

正直あんまり評判の良くないVista。

使ってみてどんな感じでしょうか?

とりあえず、見た目は前より洗練されている感じはします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PLC

前から興味があった家庭用コンセント経由のLAN接続、PLC。
Plc
我が家は無線なのですが、アクセスポイントから障害のない場所で10MB/SECほど。
僕がいる部屋はアクセスポイントから壁やら扉やらがあって、6MB/SECほどで、スピードに不満あり、だったのですね。

なので、代替にPLCをと思っていたのですが。。。
PLCの出始めのころは、ネットなんかでインプレッションをみてみると、ノイズに弱いということが強調されていました。
ノイズに干渉されると、安定感を失い、パフォーマンスがかなり低下しちゃうみたいで、だったらまあ、いいか、待ちだな、ということで手を出さなかったのです。

ご多分にもれず、我が家も、スイッチ付き、雷対応のテーブルタップを多用しており、それらはノイズのもとになりやすいということだったんですね。

そのまま一時は興味を失っていたのです。

ところが、今日、電器屋さんに行って(意味もなく電器屋さんを徘徊するのが好き(笑))ふと見てみると、ノイズフィルターなるものが売られていまして。
PLCによい、と。

で、手を出してみるか、という気持ちがむくむくと頭をもたげてきたわけです。

買ったのは、パナソニックのBLPA-300KTというコンパクトタイプで、親機子機セットになったスタートキット。
プラス同じくパナソニックのノイズフィルター。

設置は実に簡単、ほんとコンセントに機器を差し込み、LANケーブルで、親機をルータと、子機をPCとつなぐだけ。

で、早速速度をはかると、40MB/SECほど。
回線が50MBタイプなので、大いに満足できる結果です(^^)

Youtubeを見るときと、iTunes Storeで買い物する時、いいだろうなぁ、ということで、試しにUFOのアルバムと、クワイエットライオットのベストをiTunesで買ってみました。
クワイエットライオットのベストのほうは、22曲入りなのですが、今までのことを考えるとかなり速かった(^.^)

画像で、コンセントの一番上に差し込んでいるのがBL-PA300KTの親機で、一番下に差し込んであるのが、ノイズフィルターです。
ノイズフィルターには差し込み穴があって、そこにタップのコンセントを差し込むと、ノイズが低減されるみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Parallels

アップデートしてみました、Build5582です。

今まではBuild5162で、シャットダウンにたびたび失敗したり、Cドライブがマウントされなかったり、ちょっと不安定な感じがしていました。
Parallelsのシャットダウンに失敗すると、Macそのものを強制終了せざるを得ず、だいぶ怖々使っている感じがありました。
というのは、Parallelsを強制的に終了させただけだと、次に、BootCampのWindowsがちゃんと立ち上がらないのです(Parallelsの仮想マシンに設定しています)。
なので、Mac強制終了/再立ち上げ→Parallels再立ち上げ/正常シャットダウンの手続きが必要なんです。

まだ、そんなに使っていないので言い切れませんが、5582にアップデートしてからは、少なくとも[C]マイBootCampドライブはマウントされるようになりましたし、シャットダウンも一回もミスっていません。
だいぶ、トラブルが解消され、安定したような気がします。

ところで、Build5582の新機能は何でしょうか?
安定したことに満足して、そこらへんがよくわかっていません(^-^;

| | トラックバック (0)

iTunesの動画再生

iTunesストアで買ったポリスのビデオ見よう、と思って久しぶりに。

ところが、これ、なぜかWindowsだと、再生されるけど音が出ないということになっちゃったんですよね。
前はそんなことなかったと思うのに。。。
とはいってもWindowsだともともと動画再生きびしい(動きが止まる、コマ送りになるなどの症状が出る)んであきらめているようなところもあるんですけどね。

MacやiPodだと問題なく見られるし、音も聞こえるんだけど。

これ、僕だけ?
なんか理由があるのかな?

と思ってググってみたら、なんだ、バグみたいですねー。
どうもXPだけだと。。。Vistaは大丈夫だと。。。

いよいよそんな(XPが古いOS扱いされる)ことが出てきましたね(T_T)

| | トラックバック (0)

スピーカ

Ms77wwh家で仕事をしているときは何となくいつもiTunesで音楽を聴いていることが多いのだけれど、もう少し音に迫力付けたいな、と思ってスピーカを買ってみました。

と言っても小さい机ですので、大きくて音のいいやつはなかなか置けないので、こんなやつを。

迫力、ということで、ウーファ付きのモノを選んでみました。

iMacの内臓スピーカは悪くはないのですが、やっぱりそれに比べると音質がどうのというより、迫力が出た感じがGoodです。

例えば。。。
Yoshikiのドラム、特にバスドラがよく聞こえるようになりました(^.^)
Stab Me In The Backのドラムのすさまじさがよくわかります。
フィールディ(KORN)のベースもかなり腹に響くようになりましたよ。

実はパソコンにつなぐより、PSPにつないで、アドベントチルドレンを見る、聞くのが楽しかったりして(^-^;

| | トラックバック (0)

Mac OSX Leopard

Macosx10_5
Mac使いになったのだから、ということで、新し物好きの僕は(実は内容はよくわからないまま)、さっそく買いました。

さっそくインストールしました。

さっそくトラブりました。。。

ついでだからといろいろいじったのが悪かったようです。
悪いのはレパードじゃなくて、僕です(‥、)

| | トラックバック (0)

iTunesの認証

iTunesStoreからダウンロードしたファイルをiTunesで再生するためには、パソコンの認証が必要で、認証できるのは5台までですよね。

実は前のパソコン、うっかり認証解除しないで引き取ってもらっちゃいました。
iMacを認証する前の時点で2台が認証済み状態だったと思います。

で、iMac。
これももちろん認証しなければなりません。
OSは二つ。
さらにその中でWindowsが二つ(?)

うーん、どうなるんだろう?5台になっちゃうのかな?と思いつつスタート。

まず、BootCampのWindowsにインストールしたiTunesで認証、1台増え。
Mac OS上のiTunesで認証、もう1台増え。
で、Parallels上のiTunesは。BootCamp上のiTunesと同じものだからどうなるか、と思ったら、認証求められちゃった。
あ~あ、5台目か、と思って認証したけど、なぜか認証台数が増えなかったよ。

あれ?と思ったけど、まあ良いか、と思ってたら、今度はBootCamp側のiTunesに戻った時に認証求められちゃった。
あっちでもこっちでも、繰返し繰返し認証(笑)
認証台数は増えないまま。

別にあっちでもこっちでもiTunesを使わなきゃいいんだけどね。

認証回数制限はあるのかなぁ?と思いながら、毎回認証しています。

なんか回避策はないのでしょうか?

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧