ロードスター、オイル交換

パンダがこんなことになってしまったので、ロードスターには街乗りも頑張ってもらわなくてはなりません。

ということで、ちょっと前ですが、しばらく交換していなかったオイル&フィルターを交換しました。

走行距離28,000Km。

気持ちの問題かもしれないけど、交換後はますます調子いいです。

なんか燃費もいいなぁ。古いクルマだからそんなに期待はできないけど、遠出で12km/L走ったりしています。

ロードスターは本当に乗って楽しいクルマです。
買い物には全く向かないけど。

これからもよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書類がそろって

今日はフィアット・パンダのオーナーミーティング「パンダリーノ2010」の日。

そんな日に僕のパンダは所有権移転の書類がそろうという、なんという皮肉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら、パンダ

パンダ修理について返事が来た。

エンジン制御系のコンピュータ(ECU)、不調(破損)、交換要。これは確実。

ミッション系の不調もあると思われるのだが、その調査の前提となるエンジンのコンピュータが破損しているため、テスターで調べられずとのこと。

ECU交換で10万円。しかも、それで終わるとは限らない、との結果。

てなことを電話で話している時に、修理工場にフィアットオートモビルズジャパンよりFAXが来たらしい。

読んでみると、交換部品国内在庫なし。本国取り寄せ、納品予定不明。。。

まあ相手はイタリア、ヘタすると半年コースかもな。。。ということで、10万かけて直しても直りきるかわからず、しかも直すための部品はない状態。

結論。手放す。

もうしばらく動かない車、直すのに最悪コンピュータとミッション両方交換で30万ほどかかるかも、しかも部品がいつ来るかわからない、って状態で待ちきれないな。

それなりに乗ってきた。一区切りつけよう。

パンダは大好きだったけど、ごめんね。さようなら。ああ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダ、ドック入り かなり深刻?!

パンダがちゃんと走らなくなってしまいました。

エンジン異常警告灯がつき、回転数が上がらない状態です。

片側二車線の広い道、追い越し車線を、でもゆったりとしたスピードで走っていた時にそれは起こりました。

いきなり警告音と警告表示、エンジン回転数ががたんと落ちて、アクセル踏んでも回転が上がらなくなりました。

まずいと思ってすぐ左を見ると車がラッキーにも来ていない。なんとかのろのろと左車線により、さらに側道があったのでそこに停め。

エンジン切ってまたかければ直ることもあるので、と思ってやってみたけどダメ。

のろのろと動くだけで、ニュートラルでも回転数上がらず。

JAF呼んで修理工場にそのまま入院。

修理工場の社長が言うのは、デュアロジックユニット交換もあるかも、と。

今返事待ちです。
どうなるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコール

話題のトヨタのリコールではありません。

我が家のパンダにリコールがかかりました。
買って5年半、いまさらリコールと言われても、今まではどうだったのかな?、、という感じで、別に深刻にとらえていませんが、不具合あるなら直しておくか、という程度です。

内容は、「ABSコントロール・ユニットの防水性が不適切なため、当該ユニット端子部に融雪剤を含んだ水分が浸入すると、当該ユニットの端子間で短絡し、ABS機能が作動せず、最悪の場合、火災に至るおそれがある。」
というもので、かなり特殊な状況下ですね。

対応は、「全車両、ABSコントロール・ユニットを対策品と交換するとともに、当該ユニットに保護カバーを取り付ける。また、当該ユニットへの接続配線に、防水処理がないものは、防水シートを巻きつける。」
なるほど。

国土交通省のHPによると「国内不具合件数国内:0件、事 故 の 有 無 国内:なし 発見の動機 本国メーカーからの情報による。」
だそうです。

しかし、平成16年2月2日 ~ 平成19年6月30日で2,552台というのが何ともささやかですね(笑)
街中で見ないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のGT

GTのエンジンから異音が出ることに悩まされていました。
ディーラーに見てもらい、部品交換・保証対象で、無料解決、となりました。
こわれていたのはエンジンのバランサーテンショナーのベアリングということでした。
と言ってもそれがどんなものか全くわかっていませんが。。。
テンショナーというものとベルトも交換してすっきり解決!
気持ちいいです。

ディーラーに行く直前、ウォッシャー液が上手くフロントガラスに当たらなくなったことに気付きました。
調整しようと思い、車から降りてウォッシャー液の出口を見ても、つるんとして何もなく、どうしていいか、わかりません。
「おかしいな、パンダには調整ねじがあったけどなぁー。ディーラー行ってきこう」と思いつつ、出発。

ディーラーに着いてそのことも伝えて一緒に見ていると、運転席と逆側にねじがありました(^-^;
もともとは運転席が逆(本当は左ハンドル)だから、そうなっているんですね。
ディーラーのサービスの人と苦笑い、となりました。

さらに、パンダとGTの保険の更新もありました。

その時ふと疑問に思ったのですが、GTの車両保険の「時価」が新車の75%と高いのです。
しかし、実際に買おうとしても、そんなはずはなく、じゃあ、実態は?買取価格は?と知りたくなりました。
もちろん「時価」と中古の販売価格、さらには、買い取り価格に差があるのは当然ですが、どのくらいの差なのか、と。

買取チェーン店に行って見てもらったのですが、結果は「時価」の1/3。
パンダは以前車検前に見てもらったことがあるのですが、それも「時価」の1/3弱でした。

中古の実売価格も時価よりだいぶ安いです。

イタ車ってそんなものなのかな?
それともみんなそうなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネックウォーマー

黒いだけでなんだこれって感じでしょうが、ネックウォーマーです。

Neckwarmer

気温が下がり、オープン(カー)のシーズンになってきました。

暑い時期はとてもオープンにする気になれません。
むしろ冬のほうがオープンには向いていると思うのですが、キンとしてさわやかな反面、当然冷えます。

で、便利なのがこのネックウォーマー。

ニットの帽子かぶってネックウォーマーして、そんなにまでしてオープンがいいのか?と思われそうですが、はっきり言って、いいです。

しかし。

今日は小田原に魚を食べに行ってきましたが、暑くて幌閉めちゃいましたので、出番なし。

アジフライ、うまかったなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロードスターで海へ

ちょっと天気予報は雨っぽかったのですが、そんなに降り続けない感じだし、と思ってロードスターで海へ。

行きも帰りも幌を開け、曇り空ながらも爽快に秋を感じつつ走ってきました。

これからがオープンのシーズンですよね。

で、海の中もこんなシーズン。

この時期の定番、カサゴの交尾です。

僕はこの時期の定番、ってやつがけっこう好きです。

正直ワンパターンで、またこれなの?って感じはしますが、季節を感じるのもまた事実。

ちょっと潜れない時期があって、海がどうなってるか、わけわかんなくなっていますが、少しずつまた見たいものを探していこうと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダ車検

我が家のパンダ、二回目の車検を通しました。

新型パンダは日本での発売が、04年の7月(と言っても最終日の31日)で、我が家のパンダは04年9月発注、10月納車なので、日本のパンダの中ではかなり高齢です。

ただ、走行距離は大したことありません。
5年で、約45,000km。
最初の1年ちょっとは、毎週必ず海への道のりを二往復していたので、月2,000kmペースで走っていました。
けど、06年1月にアルファ147が我が家にやってきたのと、僕の体力的な衰え(笑)から、パンダの走行距離はグンと縮みました。

147はGTに変わりましたが、パンダはそのまま。

この小さいボディときびきびした走りで、我が家に欠かせない車であり続けました。

今回の車検もそんなに大きな問題はなく、すんなり終了。

実は、車検前には、シトロエンのC3に買い替えるかどうしようか悩んだんですが、C3は新車がなく、中古もタマがないので、いいのと出会えずじまいで、、、というコトもありました。

最初はトラブル多かったですが、今は安定しています。

これからもよろしく、マイ・パンダ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々朝箱

久し振りに朝箱行ってきました。

海行ったりゲームやったり車乗ったりする合間に仕事しているのか?と言われる僕も、ここのところ、少しだけ仕事に追われてました。
まあ、能力がないから仕事に追われるわけで、みんな自分の責任なんですけどね。

そんな中で、ちょっとずつやっていたモンハン3は、気づけばハンターランク70だったりしますが(笑)

そんなくだらない日々が続く中の台風。
この台風は列島を縦断しながら、僕の仕事もぶっ飛ばしました。

ということで、ぽっかり空いた日、家でたまった仕事を片付けなければなりません。

しかし、こういう不意の休みは気を楽にさせるもの。
拘束時間に加え、宿題も減ってるわけですから、かなり気が楽に。
となると朝箱。

久し振りの西湘→箱根新道→芦ノ湖スカイライン。

車はロードスターにしました。

夏の間はあまり手を出さなかったロードスター。
これからはオープンのシーズン。
乗る機会が増えそうです。

BGMはジョン・ウエイトのNo Brakesやユーライア・ヒープのライブ(1973)、ガンズアンドローゼズのユーズユアイリュージョンIIあたりを。
そしてなぜか毛色の違ったマリーナ・ショウのライブ・アット・モントルー。

そういえば、ガンズまた来ますね。
チケット買いました。

Seisho

西湘パーキングでまず一息。
自販機ながらもミル挽きのコーヒーを飲み、ロードスターのほろを開け、いざ箱根へ。

トラックもたまたま少なく、気持ちよく箱根の坂を駆け上がりました。

新道が終わって芦ノ湖スカイライン方面へ右折。

Shakushi

杓子峠で一休み。

ここからは大瀬崎が見えます。

目線を変えると利島も。
(助手席のやや左上方です)

この写真では分かりにくいですが、大島も、そして新島らしい島影も見えました。

Toshima

知らないうちにメロディペーブというのができていました。

家に帰って確認したら、今年の四月末にできたんですね。

そんなにいってなかったのか、芦ノ湖スカイライン。。。

Merodypave

特殊な凹凸を付けた舗装の上を車が通過すると、タイヤ音に高低が生まれ、メロディが聞こえる、というものです。

曲名は書いてありませんでした。
聴いて確かめろってことですね。

時速40kmで走ると聞こえる聞こえる。

あ~たまをくもぉの~う~えにだ~し~♪

富士山(こう書いて『ふじのやま』と読むらしい)ですね。

本当は真正面に富士山が見えるはずの、曇りの芦ノ湖スカイライン。

例によって車雑誌がインプレッション用のテスト走行と撮影をしてましたよ。
今回は一種類3台しか見ませんでしたが、車はアウディQ7でした。

帰り道。
湘南の海は急激に波が収まり、往路はガンガン波に乗っていたサーファーたちが、だいぶ数を減らしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧