サザンオールスターズ、ふざけるな!ツアー、追っかけ終了!


2ヶ月に及ぶサザン追っかけが終わりました。
64269764_2238301106257083_81741432877251
ツアー自体は、明日の東京ドームが最後ですね。


もうセットリストネタバレでもいいかな、ということで、ちょっとだけ書いてみます。


今回のツアーには、6公演参戦しました。


今回のツアーは、アリーナ5都市10公演、ドーム6都市12公演の計22公演だったのかな?ざっとで60万人近い動員ですよね?やっぱり凄まじいな、サザン。


ちなみに僕はサザンのすごいファンじゃないです。


とは言っても、サザンほどの有名バンド、曲を耳にしないわけがありません。年代的にはドンピシャで、高校・大学時代はよく聴きました。

「ザ・ベストテン」の「今週のスポットライト」にサザンが「勝手にシンドバッド」を引っさげて初めて出た時をよく覚えてる、そんな世代です。「気分しだいで責めないで」の「ノイローゼ!ノイローゼ!」もありましたよね。

そういうの覚えている人、僕世代には多いですよね。


昨年、Rock in Japan Festivalにサザンが出るのを知り、普通の公演はチケット取りにくいけど、フェスだったらわりと簡単に取れるし、行ってみようかな、っと思ったのが今回のツアー追っかけに至るきっかけでした。

正直最近の曲はよくわからなかったんだけど、最後の「みんなのうた」→「勝手にシンドバッド」、そして夏フェスのヘッドライナーらしい最後の花火ドカン!にやられ、これはツアーも行きたいと。


サザンは、フェスは有名曲中心に構成するけど、ツアーはけっこうやりたい曲をやるって感じになる、というのはどこかで聞いたことはありました。


ただ、初日(宮城)のセットリストに「勝手にシンドバッド」がなかったのを知ったときはちょっとショックではありました。
セットリストの「勝手にシンドバッド」が入りそうなところで演ったのは、「ロックンロール・スーパーマン」で、確かにこの曲いいんだけど、ライトなファンの僕にはやっぱりシンドバッドだよな、と思ってました。

最初当たったのは福岡と札幌で、まだまだだいぶ先だよなー、セットリストってツアー中で変更あるのかなー?と思っていたところに、ガツンと飛び込んできたのが、横浜アリーナ注釈付き席当選のメール。

いつものメールと今日のメールは文字量が違うな、とは思ったんです。外れた時は、これからもローチケを云々と書いてるんですが、それがなかったんですね。当選者には気を使う必要がない。そらそら当たったぞ!だけでいいわけです😝

注釈付き席って、嫌いじゃないんですよね。アリーナクラスの会場だと会場真ん中にスピーカーをセットすることが少ないので注釈付きといえばまず真横ですが、ステージとの距離は近いことが多いから。

もう心の準備(?)もないままにいきなり始まった僕的サザン追っかけツアー、遠征付き。
スタートはまさかまさかの地元横浜でした。

取れるわけない、と思っていて、どうでもいいや、と2枚申し込んでいたので、唐突に人を誘っていく、という、僕には珍しいこともしてしまいました。


さて、いざ会場に着き、本人確認を済ませて中に入ると、LEDリストバンドが配られます。これ、「ひとり紅白」の時にも配ってたんですが、中央でコントロールして光らせることができ、色も変えることができるリストバンド型ライトなんです。けっこう気分がアガります。

さて、入って席についてみると、ステージ近い近い。本当に真横で、しかも一番端の席だったんですが、ステージの端までは15mくらいでしょうか?


ただ、ステージ横には幕が降りています。


あまりに真横すぎて、その幕が真正面にもあるのかないのかすらわかりませんでした。
一緒に行った人と「あの幕が最後まで降りなかったらどうしようか、きっと何も見えないよね」と話していたくらいです。


一曲め「東京VICTORY」のオープニングがかかると、LEDリストバンドが光り始め、その手をみんなで高く掲げて。端にいる分、会場全体でバンドが光っているのが見えて、なかなかの圧巻でした。
が、幕はそのまま。一方、正面が見える人たちはわーっと盛り上がっています。
今にしてみれば普通そんなことない、と思えるのですが、その時は、「あー、正面側は幕が取り払われているのかな。横からは見えないまま行くのかなぁ」と思っちゃったのは事実です。

実際は、正面も幕が降りていて、シルエットが映っていただけなんですよね。

だから、「それ行け Get the chance!」で幕が落ち、ステージの全貌が見えた時は、うわーってなりました。


東京VICTORYには、ヘイ!ヘイ!って掛け声をかけるところがありますよね。そこでは、みんなで腕を振り上げて、ヘイ!ヘイ!で、もういきなりヒートアップ。最初から楽しかったなぁ。

| | コメント (0)

達郎さん@NHKホール

昨日のNHKホールの達郎さんはお得感満載でした。

やっぱりライブはセットリストが同じでも毎回毎回違うもの。
しかも昨日はセットリストも多少違っていたし、東京最終日ということでコーラスにスペシャルゲストも登場したし。



ネタばれです









昨日は達郎さんが風の回廊のオープニングのカッティングギター間違えて、タイムマシン(ようはやりなおし)が登場していました。
細かいミスがないわけではないけど、演奏完璧なこのバンドでは珍しい話。そういうのも思い出になります。

アンコールでは。

ずっとHAPPY HAPPY GREETINGがアンコール一曲目だったのですが、いつの間にか、「いつか」に変わっていました。
三重ではもう「いつか」でした。

迎えたNHKホール初日。

アンコールに応えて出てきたバンドが演奏開始したのは3-2のリズム。
あれ?「いつか」じゃなくてHAPPY HAPPY GREETINGに戻すんだ、と思わせたところで、いきなり「いつか」のオープニングのベースが鳴りひびきました。
そのまま「いつか」へ。
複数回来ている人も多いし、ちょっとフェイクかけたんでしょうか。

さらに昨日、NHKホール二日目。

アンコールに応えて出てきたバンドが演奏開始したのはやはり3-2のリズム。
HAPPY HAPPY GREETINGと思わせといて、でも「いつか」にいくんでしょ、と思わせといて、けっきょくHAPPY HAPPY GREETINGを完奏。
今日は「いつか」やらないんだと思わせといて、なんとバンド編成最後の一曲が「いつか」でした。

この日は、いつもならバンド編成の最後の曲になる「恋のブギウギトレイン」が終わってもバンドがステージに残ったまま。
「もう一曲やっていいですか?」というせりふとともに、いきなり「いつか」だったのです。

こうきたかー、って感じでした。

HAPPY HAPPY GREETINGと恋のブギウギトレインの間はもちろんRIDE ON TIME。
そこで、ふと気付くとコーラスに黒衣の背の高い女声が一人増えてる!
もちろん、まりやさんでした。
デュエットはなく、カーテンコールに参加してそのまま帰っていましたけどね。

「いつか」のあとは、いつものように達郎さん一人に。

アコギが出てきたので、今日もやるな、ということで次の曲は「一本の音楽」

NHKホール初日では、(達郎さんの曲でないため)「一本の音楽」がわからず(?)あるいはなぜこの曲を達郎さんが突然やるのかわからず(?)、会場がきょとんとしていた感じがしたのはいなめないので、今日は言葉で思いを伝えてくれました。

「盛岡に行く新幹線の中でメール受け取って。「体調戻ったから来年はライブ200本やります。」それが最後のメールになってしまって」

それから日を経たずして亡くなられた村田さんへの追悼の一曲でした。

「友達がどんどん減っていって」とも言っていました。

悲しい話なんだけど、曲は迫力あって、ぐいぐい押してきました。

そこからいつものYOUR EYESで締め。ほぼ22時。

東京千秋楽。
楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOTO@武道館

TOTOのライブに行って来ました。

 

正直言うと、チケットを買う前は、ちょっと行くのが億劫でした。あんまりボーカルにいい記憶がないので、二の足を踏んでいたんですよね。

 

が、「TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー~ライヴ・イン・ポーランド 2013」のアルバム試聴した時(まあ、音は上書きしているところはあるでしょうが)ボーカル陣、なかなか頑張っている感じがして、アルバムの購入を即決めるとともに、ライブのチケットも取ったのでした。

 

行ってみると思わぬ障害が待ってまして。

 

アップした1枚目の画像でわかるでしょうか。
ステージの向かって左側に客席向けのライトがあり、これが色は変わり、たまーに消えるものの全く向きを変えないんですね。
ほぼ自分の方向を直撃しっぱなしです。これはかなりのストレスでした。眩しいというのではなく、この光のせいで、演奏者が一人見えないのです。

 

最初幕が下りた時、「あれ?キーボードが一人しかいない?!」とまじめに思っちゃいました。手前にいるのは見えるんだけど、逆側にいるのがライトのせいで見えなかったんですね。それに気付くまで時間がかかりました。そのくらい見えなかったんです。

 

「手前の見える方のキーボーディストは帽子をかぶってないから、スティーブ・ポーカロだと思う。ってことは、デヴィッド・ペイチが見えないわけ?!」と、これはショックでした。待っていても、ライトは全然向き変えないし。

 

ということで、もう我慢できず、立ち見席(今回は立見席は売られていない)に移動しちゃいました。
デヴィッド・ペイチが見えないままライブが続くのが嫌でしょうがなくて。

 

そっちに移ったらなんか落ち着いてじっくり見られるようになりました。二枚目みたいな感じで、ライトがデイヴィッドの後ろに回る位置に立って、デイヴィッドが動くと僕も動いてました。

 

そういえば、デイヴィッドの靴はなぜか服装に全く合わないスニーカーで、アシックスでしたよ。
ジョゼフは、歌ってない時はなんかずっとビデオ撮ってました。たぶんGoProで。

 

さて、ここからはネタばれです。まあ、ばればれのネタだとは思うんですが。

 

セットリストは、安定してあまり変更はないようです。

 

オープニングは、On the Run。そのままGoodbye Elenoreを叩きつけて、Goin' Homeへ。
Goin' Homeのコーラスがさっそく決まってました。

 

St. George And The Dragon、I'll Be Over YouやIt's A Feelingを聴くと、これがまさしく、80年代の音だな、と思いますね。やっぱり、TOTOがあのころの音を作っていたんだよな、と。
It's A Feelingは、スティーブ・ポーカロが歌ってました。

 

Rosannaはスティーブ・ルカサーが、Africaはデイヴィッドがリードボーカルをとってました。高いところはジョセフが歌いましたけど。
正直、メンバーだけで高音コーラスをすることはできない感じで、バックコーラス隊(男女一人ずつ)が頑張ってました。
ジョセフでも出ない高音はこの女性コーラスの人がばっちり歌ってましたよ。

 

Rosannaのみんなでパパパン!って拍手するところ、やっぱり楽しかったですね。

 

Africaで目立っていたのは、デイヴィッドよりネイザンでした。言わずと知れた最高のベーシスト、クラプトンのサポートメンバーとしても知られていますよね。彼を紹介するところでは、スティーブ・ルカサーが、コケインのイントロをちょっと弾いていましたもんね。
I bless the rains down in Africaのところは、観客一緒に、みんなで合唱しましたよ!

 

Stop Loving YouからHold The Lineの流れは、ライブで映えますね!本当にかっこいい!

 

間にドラムソロが挟まるんですが、これがまた絶品で。キース・カーロックという人のことは全く知らなかったんですが、有名な凄腕らしいですね。初めて聴きましたが、ドラムソロ、盛り上がりました。どすどす叩きながらねとっとタメを作るのではなく、さっぱりして切れの良さが持ち味な感じがしました。

 

Hold The Lineの時に、背景の35周年ツアーの垂れ幕がバサッと落ちて、ファーストアルバム"TOTO"のアルバムジャケットの絵が出てきました。35年を一気にさかのぼって、ということなんでしょうね。

 

アンコールは、Home Of The Brave。

 

ゆっくり始まり、それから、ハードに、スピーディに盛り上がっていくこの曲は、やっぱりわくわくしますね。ジョゼフの声がびっくりするぐらい出てました。

 

うん、なんだかんだで、行ってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達郎さん Performance2013 ファイナル(12/24 '13)

今ツアー最後のクラッカーを鳴らして帰ってきました。もう終わっちゃったのかと思うとさびしいです。

Taturosan_poster

達郎さん千秋楽、セットリストには大きなサプライズはなかったけど、Last stepは今日もやりました。

そして、その前に竹内まりやさんもきました。これがサプライズ。予想通りではあるんだけど。
あれ?予想通りだとサプライズじゃないか。

達郎さんとのデュエットで、曲は、The Everly BrothersのLet It Be Meでした。まりやさんのアルバムにも入っていて、達郎さんとデュエットしているのですが、最初どのアルバムに収録されたのかは知りません。僕は、ベストアルバムのExpressionsを持ってたんでそこに入っているのにあとで気付きました。

昨年の千秋楽、沖縄でもデュエットした曲です。なので、僕はこれを聴くのは二回目です。

会場にThat's My Desireが流れ、達郎さんが礼をして去っていくところは、さびしかったです。

今年の僕の秋は、達郎さんとポール・マッカトニーとKISSが全てでした。
あと、10年ぶりのホカケハナダイの産卵か(笑)

今回のツアーのセットリストです。

曲の中で歌う曲(変な言い方ですが)は、一段スペースを置いてずらして書いています。
曲中曲は聴きとって自分で題名を探したり、一部友人に教えてもらったりしています。
ここに書いてある曲をやったのは間違いないと思うけど、聴き落としているのはあるかもしれません。

新(ネオ)・東京ラプソディー
SPARKLE
LOVE SPACE
ずっと一緒さ
あしおと
ひととき
スプリンクラー
PAPER DOLL
FUTARI
光と君へのレクイエム(10月8日以降)
GOD ONLY KNOWS(The Beach Boys)
GROOVIN'(The Rascals) - 60times hit
My Gift To You
Bella Notte
Have Yourself A Merry Little Christmas
DANCER
希望という名の光
 今日をこえて(岡林信康 And When I Dieを歌うようになってからは歌わず?)
 And When I Die(Blood, Sweat & Tears 青山純さんが亡くなって、
         それをMCで話すようになってから?)
 蒼氓
メリー・ゴー・ラウンド
Let's Dance Baby
 Twistin' the Night Away(Sam Cooke)
 Do You Wanna Dance(Bobby Freeman)
 Dancing In The Street(Martha Reeves & The Vandellas)
 Dance With Me(The Drifters)
 Dance With Me(Orleans)
 Land of 1000 Dances(Wilson Pickett)
 (クリスマスシーズンになってから?は上記5曲は歌わずクリスマスソングに。
  クリスマスソングは一小節ずつくらいでたくさん歌ってました。
  わからない、覚えてないのあるんですが、とりあえず、
 White Christmas
 Last Christmas
 恋人がサンタクロース
 すてきなホリデイ
 クリスマス音頭
  はやってました。)
 Mean Woman Blues(Roy Orbison)
 硝子の少年
アトムの子
 アンパンマンのマーチ
LOVELAND, ISLAND

-アンコール-

クリスマス・イブ
RIDE ON TIME
愛を描いて-LET'S KISS THE SUN-
Let It Be Me(The Everly Brothers 千秋楽のみ w/竹内まりや)
LAST STEP(なにか失敗した日&最後の方になってからは毎日?)
YOUR EYES

That's My Desire(エンディングBGM)

メンバー
山下達郎
小笠原拓海(ドラム)
伊藤広規(ベース)
佐橋佳幸(ギター)
難波弘之(キーボード)
柴田俊文(キーボード)
宮里陽太(サックス)
国分友里恵(コーラス)
佐々木久美(コーラス)
三谷泰弘(コーラス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズ来日公演@渋谷公会堂、二日間行ってきました

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース来日公演、二日間見に行って来ました。
Hltn_live SPORTS完全再現+αのヒットパレードだと思われていた、というか、ウドーの来日告知ページに最近のセットリストとして、そう載っていた、今回のツアー。
ふたを開けてみると、SportsはI want a new drag、つまり、レコードでいえばA面で終わりでした。

 

そこからはアカペラあり、カバー曲あり、のバリエーションあるセットリストで、楽しませてもらいました。

 

初日も今日も、アンコールのラスト前の一曲は、Boys are back in townでした。もちろん、Thin Lizzyの曲です。
僕は元々この曲が大好きなので、かなりびっくりし、喜んじゃいました。
Jailbreackというアルバムに入っていますが、僕は、かの有名な絶品ライヴアルバムLive and Dangerousのバージョンが好きです。

 

ヒューイ・ルイスはまだ売れる前、フィル・ライノットに世話になっていた時期があるらしく、この、Live and Dangerousの中の一曲でも、ハーモニカを吹いています。Baby Drives Me Crazyという曲で、ちゃんと名前も紹介されています。

 

ということは昨日帰ってから教えてもらったり、思いだしたりしたことで、その時は、うわぁ、Thin Lizzyだ!と興奮してしまいました。ヒューイ・ルイスの曲調とは少し異なる曲ですが、かっこよくキマってました。

 

 

セットリストは二日ほぼ同じでしたが、一曲だけ変えてきていました。

 

SPORTSの中で一番好きな、If this is itを一日目はやらなくて残念だったんですが、二日目はやってくれました!そのかわり、Doing it all for my babyがなくなりましたが。。。

 

 

J.J.JacksonのBut it's all rightなんかも似合ってました。やっぱり、ルーツはこういったところなんでしょうね。

 

 

本編ラストはWe're Not Here for a Long Timeでした。この時点でThe Power of Loveはまだやっておらず、当然アンコールでやるもの、という雰囲気の観客は焦りません(笑)

 

少し長めの曲紹介の後流れたThe Power of Loveのオープニングは、この曲が今でも必殺チューンであることを強く思わせてくれました。

 

ライブはとにかく行けるだけ行っとくもんですね!

 

できれば、SPORTSに入っているし、Walkin'on a thin lineは聴きたかったけどなぁ。

 

セットリストです。

 

渋谷公会堂 10月7日、8日 2013年

 

1.The Heart of Rock & Roll
2.Heart and Soul
3.Bad Is Bad
4.I Want a New Drug
5.Trouble in Paradise
6.Jacob's Ladder
7.Doing It All for My Baby
(2日目は7.If This is it)
8.Back in Time
9.Hip to Be Square
10.It's Alright
11.Little Bitty Pretty One
(10.11.はアカペラ)
12.While We're Young
13.But It's Alright
14.We're Not Here for a Long Time (We're Here for a Good Time)

 

-----

 

15.The Power of Love
16.Do You Believe in Love
17.The Boys Are Back in Town
18.Workin' for a Livin'

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達郎さん@フェスティバルホール(9/29'13)、行って来ました

達郎さん@フェスティバルホールに行って来ました。1376638_506303836123494_2032964107_

大阪のコンサート会場なのに、今年行くのは3回目です。

家を出てから家に着くまで18時間、移動12時間、ライブ3時間半、行きは新幹線、帰りは深夜高速バスの半日帰り、このトシになってこんなことするか?というような完全追っかけの強行軍でした。

土日どちらかは必ず海行くから、強引な日帰りしかなく、わざわざ大阪まで、、、とちょっと思ってたのが行く前の本音でしたが、やっぱり行ってよかったです。達郎さん、今日も良いステージでした。ライブを聴いてしまうと、行こうか行くまいか悩んでいたのがウソみたいに思えます。

フェスティバルホールはやっぱりいいです。
お客さんの雰囲気が場所ごとに違うなぁというのも感じました。
大阪の会場はノリがいい感じがするし、Bomberを評価して達郎さんをブレークさせたのは大阪だと言う親近感と感謝の気持ちがどことはなく漂うのでしょうか。

加えて、フェスティバルホールは、照明効果もいろいろ手があるって感じがしました。今回は席が遠くて位置が高かったけど、ど真ん中でステージから正面ではあり、全体が見渡せました。ステージセットがよく見え、工夫された照明とも相まって、目からも大いに楽しめました。

僕は小笠原さん(ドラム)が好きなので、よく見えてうれしかったですね。
器用だし、ものすごく安定していると思います。
もっと若かったころのように、常に達郎さんの方を見て曲の展開を確認している、という感じがなくなり、少し肩の力が抜け、メリハリがきいてきたような気がします。
その横で、暗くなると広規さん(ベース)がうちわあおったりお茶飲んだりしてのんびりしてるのもよく見えたりしました(笑)

弘規さんと小笠原さんのリズム隊は、親子ほども年が違うのに、ぴったり息を合わせて、曲の土台を支えていますよね。

佐橋さんのギターの音は大好きですが、あまり出しゃばらず、でも押さえるところはしっかりと押さえている感じでした。

キーボードの難波さんと柴田さんのお二人はさすがにベテランの味、抜群の安定感で曲に彩りを添えていたと思います。
オペラグラスで手元を見ていると動きとともに音が聴こえてきて、あ、こんなところでこんな音出してるんだ、細かいところまで本当にアレンジ気を使っているんだな、と思います。
1381999_506303809456830_1587265185_
中盤、キーボード二台とギターが交互にソロをとり、掛け合いながら盛り上げていくのですが、そこの、静かに始まりながら、ぐわーっと上がっていくさまには、もう、はまります。

サックスの宮里さんは、基本、迫力のあるプレイが得意に見えます。静かに抑えて吹くところは、ちょっと聴いてて乗り切れない感じがしますが、盛り上げどころのパワーはすごいと感じます。

そして、楽器で出せない効果音も含め、しっかりと音量を調整する音響効果の緻密なことにも驚かされます。

何よりも達郎さんの歌。
声量も声質も、衰えを感じさせません。
その達郎さんが、もともと素晴らしい、僕の大好きな曲たちを歌うのだから、よくないはずがありません。

何度見ても楽しい、そして驚きのあるステージだと思います。

ここからちょっとだけネタばれです。

おまけですが、後半に入ったころの盛り上げどころの曲で、達郎さんがミスりまして。
僕も、あれ?なんかノッてない感じがするな、とは思ったんですが、ほこりが舞っていてついそれが気になって見ちゃったと。

お詫びに、いつもセットリストにない曲を一曲やりましたよ。

最後の曲の前、一人になってから、「あれ(ミス)さえなければ今日は最高だったのに。もう一曲やろうかな。ぶっつけだからうまくできるかわからないですけど」とエレキギターで弾き語り。
(去年の沖縄でも、竹内まりやさんとデュエットした時、ぶっつけだからといってたのに完璧でした)

このくらいはネタばれじゃないですよね?
曲はラストステップでした。

達郎さんのコンサートでは、あの必ずやる曲の中で、サム・クックやロイ・オービソン、ボビー・フリーマンなんかが歌われるんだけど、なんかその流れで、今日は朝からサム・クックとロイ・オービソン聴いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Slash@NYC on livestream 5/22 '12

スラッシュのライブの模様がストリーミング配信されました。
日本時間では23日AM11:15くらいからでした。
Slash_from_nyc

なかなかよかったです。
ナマの方がよりいいけどね。

備忘録でセットリストを記録しておきます。

自分の記憶とメモによるので、間違っていたら教えてください。

曲名(原曲のアーティスト名 - 収録アルバム名)の順です。

1.Dirty Little Thing (Velvet Revolver - Contraband)
2.Nightrain (Guns N' Roses - Appetite For Destruction)
3.One Last Thrill (Slash feat. Myles Kennedy and The Conspirators - Apocalyptic Love)
4.Back from Cali (Slash feat. Myles Kennedy - Slash)
5.Ghosts (Slash feat.Ian Astbury (The Cult) - Slash)
6.Standing in the Sun (Slash feat. Myles Kennedy and TheConspirators - Apocalyptic Love)
7.Rocket Queen (Guns N' Roses - Appetite For Destruction)
8.Doctor Alibi (Slash feat. Lemmy (Motorhead) - Slash)
9.Speed Parade (Slash's Snakepit - Ain't Life Grand)
10.Apocalyptic Love (Slash feat. Myles Kennedy and The Conspirators - Apocalyptic Love)
11.Watch This (Slash feat. Dave Grohl/Duff McKagan - Slash)
12.Starlight (Slash feat. Myles Kennedy - Slash)
13.Just Like Anything (Slash's Snakepit - Ain't Life Grand)
14.Halo (Slash feat. Myles Kennedy and The Conspirators - Apocalyptic Love)
15.You're a Lie (Slash feat. Myles Kennedy and The Conspirators - Apocalyptic Love)
16.Sweet Child O'Mine (Guns N' Roses - Appetite For Destruction)
17.Slither (Velvet Revolver - Contraband)
18.By the Sword (Slash feat. Andrew Stockdale(Wolfmother) - Slash)
19.Paradise City (Guns N' Roses - Appetite For Destruction)

http://new.livestream.com/slash/livefromNYC

やっぱり今でもAppetite For Destructionからの曲多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

yes@渋谷公会堂 4/19 '12

よかった、ただひたすら、よかった。

Yes

緊張感に満ちあふれ、ぐいぐいと引き込まれるようなライブでした。

たしかにメンバーがいわゆる全盛期のメンバーでない、ということはあります。

ヴォーカルに至っては、ただでさえジョン・アンダーソンじゃないのに、来日直前に今のヴォーカリストが病気ということで、急きょ変更。
なんか、あらら、な展開で、大丈夫なのかなー、なんて内心思っていました。

そして、キーボードもやっぱりリック・ウェイクマンが。。。という声があちこちであったのも事実でしょう。
(僕はジェフ・ダウンズも好きなんですけどね。)

しかし、そんなことは吹き飛ばしてしまうような素晴らしいパフォーマンスでした。

スティーブ・ハウがいる!
そして、やっぱりバンドで一番エロいのはベースだ、としみじみ思わせてくれるクリス・スクワイアがいる!
さりげなく屋台骨を支えてきたアラン・ホワイトがいる!
ジェフだって芸達者!
ヴォーカルの人は全然知らない!

とやっぱり多士済々なのですよ、やっぱり。

ジェフ・ダウンズが一歩引いた形になって、ギターとキーボードのバトル!というシーンがなかったのは少し残念でしたが、逆に言うとハウのギターは思う存分堪能することができました。

ハウは、遠目にも少し神経質そうに、しかし、実に正確に抒情的なメロディラインを弾いてくれました。

という感じで、ハウが前面に出ていたのはやはり事実ですが、しかしやっぱり凄いのはその一糸乱れぬ、コントロールされた演奏とその緊張感、その中にあるふわーっと曲にのせられていくような浮遊感と言えばいいのでしょうか、そんな感じです。
(まあ、複雑な曲が多いので多少危ういところもありましたが)

変調子が多く、変則リズム、その上にきれいなハーモニーがのり、複雑に展開していく曲。聴き手にも一定の緊張感を求めつつ、でも文句なく引き込んでいきます。

yesってライブバンドなんだな、としみじみ思いました。

セットリストは新譜(といってももうそろそろ一年前)からの曲がやはり多かったですが、'71年から'72年の『イエス・サード・アルバム』『こわれもの』『危機』からの曲も選ばれていました。

新譜も嫌いではないですが、やっぱりこのころの曲により強い興味を持ってしまうのはやはり世代でしょうか。

僕にとって圧巻だったのは、Heart Of The Sunriseでした。

一曲の中で複雑に変化する曲調とスピード。

緊張感があって一瞬も緩むことのない演奏。
曲が変化の瞬間がぴたピタッときまって、一瞬で別なメロディ、リズムにすっ飛んで行くところは聴いている側も、お!決まった!と気持ち良く感じましたよ、ほんと。

オープニングのあの、スピードとスリルにあふれたメインテーマを基調にしながら、時に素早く、時に柔らかく、時に美しく、聴き手を殴り倒したり、包み込んだり、ふわりと持ち上げたりしてくれます。
のめり込んだ、といっていいほど、耳も、目も何もかもステージに集中しました。

この曲の次にyesでは一番有名な曲であろう、Owner Of A Lonely Heartが来たのですが、ああ、これで、なんかほっと息が抜ける、というような空気が流れたくらい、ライブの大きな山だったと思います。

こんなこと思ってました。

アンコールはRoundaboutでしめ、と、古き良き選曲で、でも今もしっかりとしたライブバンドであり続ける彼らの姿をしっかりと示しながら圧倒的な迫力で終わりました。

終わった直後の自分のツィート。

最高でした。

余談だけど、スティーブ・ハウとジェフ・ダウンズはすぐ帰ってきます。

前の来日はザ・カルトとかぶってカルトを選んだ僕でしたが、エイジアも見たいな。

そしてなによりyesをまたすぐ見たいなー。

すぐ帰ってくる、ってクリスが言ってくれていたし。

って言ってももしかすると年齢からして最後の来日、なんていうことも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レニー・クラヴィッツ@東京ドームシティホール 4/4 '12

当日券で行って来ました。

やはりファン層は比較的年齢が高く、こういう場合は場所取りが激しくないのでけっこう前の方があいていたりします。

この日も、別に無理することなく普通に前から二列目くらいまで行けてしまいました。。。アリーナスタンディングです。
L_k

ギターのgibsonの文字が一文字一文字見えるくらい近かった。

演奏にはホーンセッションも加わっていて、なかなか音に幅があったと思います。

ファンクとブルースが底流に流れているんだなぁ、と思わせるロックで、「タテノリ」ではないですが、独特のリズム感がありますよね。
スロウでしっとりとした曲も聴かせます。

ベースは女の人で、しかも五厘刈り、華奢な美少年みたいな感じですごくかっこよかった。
ギターは、パッと見昔のボブ・ディランみたいな感じで。
この人がクレイグ・ロスですよね?

そして、ちょっと顔がふっくらした感じはしますが、レニーも精悍でした。

月並みですが、Are You Gonna Go My Wayは盛り上がったなぁ。
速くはないけど、跳ねるように体が動き始めるあのリフ、叩きつけてくるリズム。。。

もちろんこれが本編ラストでびしっと決めてくれました。

アンコールはLet Love Ruleにのって観客席を一周!

けっこう驚きのファンサービスでしたよ。

アンコールだけでなく、本編でも観客席に下りて来ていたし、ステージから観客とタッチしたり、なんて言ったらいいのかな、アーティストがちょっと身近になったような感じがすることの出来る、ライブらしいライブでしたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンスラックス&ヘルイェー@渋谷O-EAST 4/5'12

(ヘルイェーも好きですが、アンスラックスについて書きます)

強引に一言で言っちゃうと、スラッシュメタルなライブでした。Anthrax
もうだから楽しかった。

けっきょく僕はこういう音楽が大好きなのですね。

ベテランらしく、とにかく安定した演奏だったと思います。
安心して聴けました。

アンスラックスは、けっこう曲の雰囲気の幅が広いと思います、アルバムだと。
(といっても、その手のが好きな人から見れば、であって、みな同じに聞こえる人も多いとは思いますが(^-^;)

しかし、ライブは、スピードのあるドラムのビートにのせてザクザクリフを刻み、パワーで押してきますね。これぞ、スラッシュメタル。

この日は、新譜Worship Musicからの曲をオープニングに、中盤から後半はAmong The Livingの曲を中心にぐいぐい押してきました。

新譜からの曲が二曲続いた後、Caught In a Mosh、Antisocial、、、懐かしい曲が流れてきます

ジョーイは観客の乗せ方がうまいよなー、と思いましたよ。
観客もレスポンスよくそれに応えて、会場に一体感みたいなものが生まれ、素直に入り込めましたね。

客層は意外と幅広いと感じました。

現役バンドに失礼な言い方ですが、もう少し、往年のファン的なものが多いのかと思っていたんですね。
しかし、若い人も交じってモッシュする、クラウドサーフする、サークルぐるぐる、みたいなパワーあふれる観客席になりました。

Metal Thrashing Madなんかガンガンだったなー。

これも当日券でしたが、行ってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)