幻影城、別冊幻影城、チェック終了!

幻影城、別冊幻影城69冊分、スキャン結果のチェック(といっても落丁やしおり、メモなどの挟み込みがないかどうかのみだけど)が終わった。
ここのところはスキャンとチェックばっかりで本を読んでいる暇がなかった(笑)

Geneijou_50

これは50号記念特大号。

執筆陣豪華でしょう?

(賞を取ればいいってものではないが。。。)

泡坂妻夫は、幻影城新人賞でデビューし、この時はもう日本推理作家協会賞を取っている。そしてのちに直木賞作家となる。

連城三紀彦も、幻影城新人賞でデビューし、このあとすぐ日本推理作家協会賞を取って、やはり、のちに直木賞作家となる。

栗本薫は、その前も少し書いてはいたが、幻影城新人賞評論部門で世に出た。評論の対象は、都筑道夫だ。

赤川次郎は、「三毛猫ホームズの推理」を出したばかりの新進気鋭のころだ。

李家豊も幻影城新人賞でデビューした。今は人気SF作家の田中芳樹である。

大御所、河野典生も書いている。

しかし、この号の後、幻影城は3カ月休刊し、新雑誌の話もとん挫する。
4ヶ月後に復活した後、なんとかもう3回出版できたものの、そこで倒産してしまう。

新連載と銘打たれた河野典生のこの作品は、けっきょく幻影城という雑誌のなかでは完結しなかった。

発刊が'75年2月。最後の号が'79年7月。四年半で、埋もれた作品を多く掘り出して世に知らしめ、既存のあまり知られていなかった探偵小説作家を再評価し、きらめくような新人を後押しして、そして、あっけなく空中分解してしまった。

僕が今までで、一番愛読した雑誌だ。
雑誌の枠を超えた、一冊一冊がアンソロジーみたいになっている、単行本のようなものといってもいい。

探偵小説好きには是非読んでほしい。
もしそうでなくとも、きっと楽しめる人は多いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別冊幻影城見つけた!

偶然見つけたんです。
Bessatsu_geneijo

まさかアマゾンの古本で探してもあまり見つからないこれらの本が、小さな町の小さな古本屋さんに6冊もあるとは。
しかもあまり読んだあとがない。。。

正直、財布の中身を確認せず、すぐつかんでレジに向かいましたよ(^-^;

懐かしい思い出の本。中学時代にお小遣いためて買ってました。

しかし、躊躇なく自炊します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたコロンボ

またまたコロンボ。

Columbo2


「パイルD3の壁」「逆転の構図」「5時30分の目撃者」「権力の墓穴」は終わり方が好き。

「パイルD3の壁」は違うけど、基本、だまし討ちかい!みたいな(笑)
でもそこが、らしいと思う。

「別れのワイン」も大好きだけど、コロンボらしさはこういう終わり方にあると思ってるし、それを期待している。

その手の終わり方のもので一番おお!と思ったのは「二枚のドガの絵」。

でも、ノベライズ版はなかなか手に入りにくい。
間違いなく持ってたから、実家にはあると思うんだけど、、、

終わり方は「アリバイのダイヤル」もよかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月に読んだ本

東川篤哉「中途半端な密室」

初期の短編集みたいです。
「もう誘拐なんてしない」を読んだときは、「軽いタッチの文体だけど、意外とトリックはしっかりしてるんだなぁ。」と感じました。
だけど、これを読んで(初期の作品ということで、この作家の本来の傾向を示しているのならば)、逆なんだと思いました。
「この人、本質はトリックとプロットのマニアだ。その上に、あのユーモラスな文体が乗っているんだ。」

密室がどうやって構成されるか、安楽椅子探偵はどうなるのが理想か。
最初のころの作品ということもあって、少し気負い(?)みたいなものも見える感じするけど、作者なりのテーマを設定し、それを消化している作品だ、と思いました。

他も読んでみよう。

横溝正史「蝶々殺人事件」再読

この作品はトリックもプロットもかなり素晴らしいものだと思います。
一回目の殺人に比して、二回目のトリックが軽く甘いのも、話の流れ上むしろ好ましいと思っています。
伏線の張り方も、読ませる工夫も、緻密ではないでしょうか。

しかし、なにしろこの作品は探偵が金田一耕助ではない、のですね。それだけでかなり損をしているような気がします。

岡山ものの怪奇趣味も、後期の東京もののエロティックな感じもなく、探偵も含めて、すべてが端正に整っているのがかえって印象を薄くしている感じは否めません。
探偵小説としてはすごく面白いのになぁ、もったいない。。。

横溝正史「幽霊男」

ふと、探偵小説における動機の持つ意味ってなんだろう?どのくらい重きを置くものなんだろう?と思ったのは事実です。
だから松本清張が生まれ、好きでたくさん読んだけど、でもやっぱり横溝正史に帰っていく自分がいるのでした。

トリックと小道具には面白みがありました。

横溝正史「悪魔の降誕祭」再読
どの位の量が短編と中編の境になるのかよくわかりませんが、僕は、中編が二つ短編一つ入っている作品集というイメージを持っています。

中編も短編を改作したもので、なんていうか、短編らしい、一発もの的トリックとプロットなんですよね。
もちろん否定的な意味でいってるのではなく、その一発具合が僕は好きなんです。

最近再読した蝶々殺人事件にも通じるところがあると思うんですが、多少現実世界では無理があるかもというプロットを、登場人物を工夫することによって、すんなり受け入れてもらうようにする書きぶりは、技って感じがします。

と言いつつ、多少ワンパターンなところもありますよね。
でも、このレベルのトリックとプロットを短編にぶち込むのは贅沢だなぁ、と思います。
あと、先行する探偵小説作家へのオマージュも感じられて楽しいですね。

都筑道夫「やぶにらみの時計」20数年ぶりの再読かなぁ。

探偵小説は最後、話を着地させるのに多少アクロバチックな大技が必要になることが多いと思います。
そしてその着地がきれいかどうかも、重要。
さらに、きれいな着地で、意外性のある展開でも、説明が多いとストンと来ず、興ざめしてしまう、という関門もありますよね。
反面、説明が意味として不十分だと消化不良になってしまいます。

この話は、どうでしょう。
かなり、急激な展開で、あれよあれよという間に終わりました。
だけど、謎のいくつかは、さらっとした説明で、なるほどと思わせて、スマートでした。
一方で、大技があまりに大技すぎて、傍目には何やったのかわからないな、という感覚も残しましたね。

少しすれた読み手になってしまった自分を感じるけど、初読のときのあのわくわく感はまだ感じることができました。
いろいろあっても、全体としてはおもしろい本だと思います。

最後いろいろ説明せずにすぱっと終わる方が僕は好きなんですよね。
あとは自分で考えたり感じたりできるし。

E・フィルポッツ「赤毛のレドメイン家」もちろん再読

乱歩が激推しのミステリーとして日本ではよく知られていますよね。

今の、プロットもトリックも出尽くしたか、という現代からみると、シンプルだけど、それが故に魅力的で、複雑な説明なくあっと言わせる設定はいいですよね。

ただ、細かな表現がどうしても気になっちゃうんですよね。
誰誰がいた、どうなった、とか(ネタばれしないようにあいまいな表現ですみません)断定してるけど(もちろん翻訳本だけど)、結果的にその表現はウソになるでしょ、というのは多いです。

古き良き時代の作品だからそれもいいのかな。

S・S・ヴァン・ダイン「グリーン家殺人事件」再読。

探偵小説史上、極めて高名なこの作品。
スリルのある展開で、トリックも豊富。探偵も名探偵らしく、鼻につく感じがまた彩りになっていますよね。引き込まれます。
一つ一つのトリックは、今にしてみればシンプルだったりするし、いきなりそれはないだろう、というのもあるけれど、いろいろアイデアが盛り込まれています。
最後の最後までしっかりプロットも練り込まれているところに大きな特徴があるんじゃないかと思います。

ただ、今のスレた読み手からすると、気になることは多いですよね。

論理的にじゃなくて、感覚的、経験的にだけど、最初に「この人が犯人だな」と感じる人は少なくないはずです。
この作品が出た当時の感覚で読んでみたい、と思いますね。

横溝正史「悪魔の百唇譜」

刑事コロンボノベライズ「死者のメッセージ」再読
話はこの本と少しズレるけど、コロンボの本、二十個くらいのエピソードはたくさん売られているけど、残りはあんまり見かけない。
何が差なんだろう?

僕が読みたいのはあまり売られていないということは人気の差?


刑事コロンボ・ノベライズ「意識の下の映像」再読

このエピソードは、(時代が少し古く感じるけど)トリックも目を引く内容で、けっこうしっかりしているし、最後の終わり方もコロンボらしさのある内容で鮮やか。

自信、傲慢といらつき、不安との間を行き来する、犯人の気持ちの揺らぎは、演技だけではなかなか見て取りきれないよね。
本で読むからこその楽しさがあると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロンボまた買っちゃった(実家にはありそうなんだけど)

またコロンボのノベライズ版を注文した。
8冊。もちろん古本(しかない)30数年前のもの。

そのうち三冊は、3,500円、1,900円×2。(残りは50円から750円)

元はもちろん850円とかの本。

古本の値段って、絶妙だ。手に入りやすいのは1円のもあるのに、手に入りにくいがこれは欲しいよと思うのは高い。
でも買いたくなる値段。

で、そんなちょっと高いヤツがブックオフいくとマニュアル的に105円で売ってたりする(場合によっては古くて引き取ってくれなかったりする)。

今は店頭からネットで値段見られるし、競取りが簡単にできるよね。
ブックオフとかでケイタイ見ながら本探している人見ると競どりしてるのかと思っちゃう。

そういう僕も、いつもiPhone見ながら本買ったりする。

僕の場合は、そうしないと同じ本を、あ、これいいな!と、買ったことを忘れて何冊も買ってしまうマヌケだからだ(笑)

なんで、持ってる本の一覧表を持ち歩いてるんだよね(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロンボのノベライズ版

Columbo
コロンボが届いていた。
この中ではやっぱり別れのワインが一番好き。

これで26話分になったけど、旧シリーズ45話、あと残り19話。
実家の押し入れの中にありそうなんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月に読んだ本

戸川昌子「大いなる幻影」再読

推理小説といえるのかどうか、という点はあるけど、江戸川乱歩賞受賞作。
トリックというよりは、プロットと独特のムードで読ませる作品という感じですが、どんでん返し的なものもあります。
僕は、読んでいるとき、それぞれのシーンが、白黒で思い浮かびました。

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」

僕はこういうのトリックではなく、プロットで読ませる本だと思っていますが、トリックがなかなか枯渇した現在では一つの方向性として、いい、楽しい、と思っています。
こういうプロットで読ませるものって、たとえば、クリスティの「アクロイド殺し」とか、クイーンの「ドルリー・レーン最後の事件」なんかもそうだという認識です。

まあ、読むだけの側ですので、気楽な物言いで、苦しみぬく作家の人には軽く言うなよ、って思われちゃうかもしれませんが。

この作品も、プロットの面白さに違和感が生じないようにいろいろ工夫している、そっちの伏線が読んでいて楽しい、読み返してニヤリ、という感じでしょうか。

終盤のどんでん返しに向けて作者が準備していくところなんか、再読してこその面白さ、かもしれません。

横山秀夫「半落ち」

世間からはだいぶ遅れて初読です。
読み終わってから、ネットで検索してみると、いろいろ論争があった作品なんですね。

僕は、終わり方は少しきれいすぎるかなー、謎の部分の動機的なものが弱いかなー、とは思ったけど、全体におもしろく読めました。
引き込まれた。

ところで、僕は、広報担当をそれなりに長くやって、新聞や雑誌の記者とはまあまあつきあったから、新聞記者がメインになる章では、どうも新聞記者の考え方や行動がすごく気になって、本筋から視点が離れてしまうところがありました。。。

東川篤哉「もう誘拐なんてしない」

これ、テレビ番組になったんですよね?
軽快でユーモラス、トリックはちょっと軽い感じはするけどけっこうしっかりしたものだし、伏線はかなり準備されているように思います。
終わり方もすぱっとしていますよね。
動機について、あ!そうなの?と思わせるが、くどくど説明しないところが心地よかったです。

この作者のほかも読んでみたいと思いましたよ。

僕はテレビ見ないので、よく知らないんだけど、「謎解きはディナーのあとで」もテレビ番組になっててこの作者なんですよね?

ディクスン・カー「夜歩く」再読

この高名な作品に僕が意見を述べるには、読者として力不足の感はあるけれど、率直に言って、読者もそして作者もすれていない時代の産物なのだろうなぁ、という感想を持ちます。
全体としては、謎が明かされていく過程や場面設定など、物語としての惹きこむ魅力はあると感じます。
不可能さを引き立たせるプロット設定や伏線の張り方もいい感じだと思います。

でも、さすがにメインのトリックには無理があるし、探偵にもこれといった魅力に欠けると思ってしまうのも事実です。
(現にこの探偵はこの後お払い箱になってしまうわけですし。)

探偵小説って、トリックと探偵以外の部分によるところも大きいんだよなぁ、と思ったりもする再読なのでした。

土屋隆夫「華やかな喪服」

土屋隆夫は大好きなのだけど、この作品の時点でたぶん79歳。
流石にトリックを創出するというパワーは薄れてしまっているのかもしれない、とは感じました。
けど、このプロットの面白みと緊迫感には引き込まれるものがありますよね。

広げた話を収めきれていないのでは?ということと、僕の好きな本格ものとは呼べないということはあるかもしれないけど、楽しめました。

松本清張「聞かなかった場所」再読

これにはトリックもなく、探偵もいない。僕の好きな探偵小説ではないけど、引き込まれて読んでしまいます。
前半と後半で全く違った緊張感があるけど、どちらにも魅かれます。

僕は、巻末の広告面(たいてい書名が列挙されている)まで自炊するのだけれど、そこに下手な字で、「S50年6/15購入」と買った日と自分の名前が記されていました。
このころが一番松本清張を好きだったかもしれません。 

小峰元「アルキメデスは手を汚さない」再読

青春なんとか、というキャッチフレーズがつくと、なんとなく甘酸っぱいイメージがあるけど、すごくソリッドで乾いた感じがする小説なのは今も変わりません。

ただ、主たる登場人物に高校生が多い分、なんか、自分がどの立ち位置から物語を見ているか、っていうのが若かった初読の時とある程度年を重ねた現在と変わったなあ、と思わされました。

トリックやプロットは目を引くものはないけど、一気に読ませる感じですね。

都筑道夫「最長不倒距離」再読

面白い。
トリックというよりプロットで読ませる作品だと思います。

都筑道夫は大好き。とにかく好きです。

「やぶにらみの時計」がまた読みたいなー。
実家のダンボールの奥底にあると思うんだけど。
今手に入りにくいんですよね、この作者の作品の一部は。
こんなに、こんなに、面白いのに。

土屋隆夫「針の誘い」

ちょっとだけ気になるところはあるけれど、鮮やかで素晴らしいトリックだったと思います。

さりげなく小さな行動に意味がある、という定番ではあるものの、緻密な伏線の張り方が、好きですね。

土屋隆夫「赤の組曲」

探偵小説としては、メインのトリックに気付くか気付かないか、それをどう思うかで受けとめ方、感想は変わってきそうです。
この作家は大好きな作家のひとり。
トリックはそんなに斬新ではないと思し、舞台設定もごくありふれた日常的なのが、いいと思う場合も、少し物足りないと感じる場合もあるけど、文章のテンポが好きです。

でも、昨年11月に亡くなってしまいました。

そんなに大きなニュースとしては扱われなかったけれど、探偵小説好きで、感慨にひたった人は多かったと思います。
寡作で、活動年月の長さのわりには少ないその作品をまたゆっくり読んでいきたいと思っています。

横溝正史「火の十字架」再読

シャーロック・ホームズものは第一級のミステリーだと思うけど、終わり方に、あら、と思うことがありますよね。
この本も、そんな読後の感想です。
再読だけど、もう完全に忘れてました。
「S(昭和)50年こう入」と、子供の頃の自分の字で巻末にメモが書いてありました。

その頃の僕が読むには少しエロチックな内容の気がしますが。。。

横溝正史「魔女の暦」再読
この時期のトリックは、やっぱりちょっとシンプルかな。

横溝正史「夜の黒豹」再読
僕は「岡山もの」が好きなので、こういった、いわゆる通俗的なものには多少の抵抗感があります。
のだけれど、シンプルながらちゃんとしたトリックがあって、終わり方もコロンボみたいな感じで、わりと面白く読める、と思います。
登場人物を覚え切るのが大変だけれどもね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月に読んだ本

再読が多いです。
でも20年振り以上の再読もあって、そうなるともう初めてと同じだったりして(笑)

小杉健治「絆」

別に今流行りの絆とは全く関係もない1987年推理作家協会賞受賞作。
しっかり構成された作品でした。
いろいろな出来事が一つに収束していく過程の「そうだったのか」感は楽しかったですね。

松本清張「ゼロの焦点」再読

探偵役もいないし、そんな大きなトリックはないけど、謎が解き明かされていく過程には推理小説のカタルシスがありますよね。

松本清張「砂の器」再読

超有名なこの作品に今さら僕が何か言うものではないけれど、この長さが一気に読める本って、やっぱりそうは多くないよね、と感じます。

森村誠一「高層の死角」再読

トリックもいろいろ盛りこんであり、意欲作という感じがします。
徐々にいろいろなことが明かされていく過程の緊迫感はありますが、その分、一発で、あ、と思わせる意外感がないのが少し残念だ、と初めて読んだ時も今も思いました。

松本清張の「点と線」再読

かなり久しぶりに読んだけど、面白く読めました。
アリバイ崩しは、細かくなっちゃうと、複雑で読後のスキっと感が薄いことがありますよね。
けど、この作品にはそういうところがあまりないのもいいな、と感じます。
まあ、もともとトリック中心の作風ではないから、というのもありますが。

綾辻行人「奇面館の殺人」

この作者のものはもともとそうだけど、もうこれはリアリティを持った小説ではなく、パズルですよね。
だからこその、面白さがあると思います。
なぜ○○をしなければいけなかったのか、というプロットに意外性が隠されていることが多いのも特徴だと思います。

刑事コロンボのノベライズ「構想の死角」再読

このエピソードはスティーブン・スピルバーグ監督作品ということでも有名なんですよね。
さすがスピルバーグ!という特徴を見抜くような眼力は僕にはないけど、映像は面白かったし、ノベライズ版で読むのもまた一興で、楽しかったです。

横溝正史「悪魔が来たりて笛を吹く」「八つ墓村」「犬神家の一族」「本陣殺人事件」「黒猫亭事件」再読

探偵小説の感想ってネタバレになるから、なかなか書きにくいのですが、この時期の横溝正史って、思いっきりトリックで勝負する、そのために、プロットも工夫する、って感じが強くて楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪圭吉

i文庫HDからアクセスできる青空文庫に大阪圭吉の作品がたんまりとあるのを発見。

うわぁー、嬉しー!!

まさかiPadで大阪圭吉の作品が読めるなんて思わなかった!!


(大阪圭吉は昭和初期の探偵小説作家です。
 知る人ぞ知る探偵小説雑誌、「幻影城」に紹介され、その存在を知ったのが30年前。
 僕はけっこう好きな作家です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都筑道夫

iPadを買うに当たって、都筑道夫の作品をバシバシ入れて読みたいです。

都筑道夫の作品は今どこで手に入るのでしょうか。
実家の段ボールの中にはたくさん埋まっていると思うんだけど。。。

なんて思って、都筑道夫の作品を探したら、けっこうネットで買えるのもありました。

思わず18冊も買ってしまいました。

でも、欲しいヤツに限って廃刊なんだよなぁ。
実家の段ボールの中にまだ沢山あるかなぁ。
でも、引越しの時に捨てちゃった気もする。

まさかこんなに手に入りにくくなるとは思わなかったもんな。

欲しいのがみんな手に入ったわけじゃないけど、届くのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)